セコムは、取締役会において、ベネッセホールディングスおよび丸紅が保有するTMJ(売上高:331億円、営業利益:14億円、純資産:74億円)の全株式を取得することを決議した。

TMJは、ベネッセグループのインハウスコールセンターを母体として事業を開始し、 現在はベネッセグループのみならず、金融業をはじめ、幅広い業界大手の企業に対して、コール センター業務を含む、インハウスで培った高品質なアウトソーシング業務を提供している。

本取引により、TMJのもつ幅広い経験および蓄積されたノウハウ等を活用することにより、 効率化された付加価値の高いサービスを開発・提供しながら、拡大する市場のニーズに幅広く対応し、持続的な企業価値の向上を目指す。

株式取得価額は、約265億円。

株式取得予定日は、平成29年10月2日。