江別「ËBRI(エブリ)」、自治体による廃工場の復活|産業遺産のM&A

alt
煉瓦のまち・江別にある「ËBRI」は、廃業した煉瓦工場を再生した商業施設

埼玉県・深谷市とともに、日本の煉瓦製造を支えた北海道江別市。特に同市の野幌地区には、今も街のそこかしこに煉瓦造りの建造物が建っている。

ただ、日本有数の煉瓦産地といっても、煉瓦産業は明治期から昭和中期にかけて全盛期を迎え、以後は衰退の一途をたどる。江別市でも現在はほんの数社が事業を行っているにすぎず、廃業した企業も多い。

その江別の煉瓦建造物のなかで、現在多くの地元住民を迎えているのが、旧ヒダ工場である「ËBRI」という商業施設。もともと、ヒダ株式会社という窯業会社の工場であり。21世紀を迎える直前にヒダは廃業。その後2016年、江別市の人気商業施設として蘇った。

愛知県「常滑」から移住した一人の男

札幌から東に10kmほど、江別市の野幌において煉瓦製造が始まったのは明治中期の1891年のことだった。野幌は、札幌はもちろん小樽にも近く労働力が確保でき、赤く発色させる鉄分が多く含まれほどよい粘り気のある粘土が豊富に産出され、かつ、煉瓦製造の初期に導入されたのぼり窯の燃料用の薪が容易に得られたとされる。

1889年に設立された北海道炭鉱鉄道会社(北炭)が設立早々の1900年頃、煉瓦工場を野幌に設置して操業を開始する。その後、野幌は北海道、さらに日本の煉瓦生産の中心地として栄えた。

この地に目をつけ工場を設立したのが、1923年に愛知県常滑市より移住した肥田房二という人物だった。肥田は1941年に肥田土管工場を東野幌に設立し、翌1942年には北海道興農公社と提携して農業用土管の生産を進めた。

北海道興農公社とは戦時期の1941年4月に「国策第一主義、公益優先」「北方農業建設」を理念として設立された国策会社で、農地改良事業では農地をめぐらす土管の埋設を急務としていた。当時、煉瓦は一般に知られるブロック状のものとともに、土管としても広く使われていた。

肥田土管工場が操業していた頃、成型された煉瓦は干場(乾燥させる場所)まで人力で背負っていくか、工場敷地内にレールを敷き、 トロッコで運搬していたが、肥田はより融通の効く煉瓦運搬用リヤカーを考案した。その後、このリヤカーが多くの野幌の煉瓦工場でも使われるようになったという。

戦後1947年5月、肥田土管工場は肥田製陶株式会社と組織変更し、初代社長に肥田房二が就いた。ところが、1951年6月に肥田製陶は大惨事に見舞われた。火事で工場が焼失してしまったのである。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

海運王国・愛媛、三津浜に残る「石崎汽船旧本社」|産業遺産のM&A

海運王国・愛媛、三津浜に残る「石崎汽船旧本社」|産業遺産のM&A

2022/07/15

海運王国・愛媛の主要港の一つである松山市の三津浜。近年、レトロな街並みを生かした再生が進み、瀬戸内・九州への海の玄関口としても人気のスポット。石崎汽船は現在も松山・広島、北九州などとの航路を結び、多くの乗船客を迎えている。