M&A速報

ベネッセホールディングス<9783>、持ち分法適用会社のアップ<9630>をTOBにより非公開化へ

2012/01/31

ベネッセホールディングスは、持ち分法適用関連会社(所有割合15.13%)のアップに対してTOB(株式公開買い付け)を実施し同社株式を非公開化すると発表した。買付総額は80億9400万円。

アップは兵庫県西宮市を中心に、幼児から社会人までを対象とした塾や総合教育サービスを提供している。ベネッセは2010年12月に同社を持ち分法適用会社化。顧問に招へいしたアップ創業者で取締役会長の木下雅勝氏はベネッセグループの通信教育事業や学習塾事業などで助言を提供している。両社は今後サービスや人材などの経営資源を相互活用するためには同じグループとなる必要があると判断し、アップの株式を非公開化することで合意した。

買付期間は2012年2月1日から3月13 日までを予定している。決済の開始日は3月21日。買付価格は1株あたり1050円で、公表前営業日の終値546円に対して92.3%のプレミアムを加えた。買付予定数は770万8813株で、下限は427万2418株を設定。

関連の記事

活動期に入る「ベネッセ」新規事業創出M&Aに1000億円投入

活動期に入る「ベネッセ」新規事業創出M&Aに1000億円投入

2020/01/24

ベネッセホールディングスは2020年4月に社会人向け短期集中型英会話のENGLISH COMPANYなどを展開するスタディーハッカーを子会社化する。中期経営計画でM&Aによる新規事業の立ち上げを計画しており、M&Aの活動期に入りそうだ。

こどもの日にまつわる企業3選

こどもの日にまつわる企業3選

2018/05/05

5月5日は「こどもの日」。少子化が進み、子供をターゲットにした業界は苦戦中とされる。縮小する子供市場で生き残るためのキーワードの一つがM&A。「食べ物」「子供服」「教育」の3業種から、積極的にM&A戦略を展開している企業を紹介する。

大学入試本番だが、学習塾・予備校の業界再編のゴングも鳴る?…

大学入試本番だが、学習塾・予備校の業界再編のゴングも鳴る?…

2018/02/01

2月に入り、2018年大学入試がラッシュを迎える。4日の日曜まで連日200校以上で入試が行われる。ただ、入試会場の熱気とは裏腹に、学習塾・予備校にとっては再々編のゴングがいつ鳴ってもおかしくない状況なのだ。

「上場企業の個人情報漏えい・紛失事故」調査

「上場企業の個人情報漏えい・紛失事故」調査

2017/04/04

最大の個人情報漏えい事件は、2014年7月に発覚したベネッセHD。個人情報の漏えい・紛失事故は近年増加傾向にあり、ウイルス感染や不正アクセスによる情報漏えい事故は前年の2倍を超える22件と深刻で対策が急務となっている。

住友化学3000億円、NEC2000億円~M&A投資枠について考える

住友化学3000億円、NEC2000億円~M&A投資枠について考える

2017/02/19

中期経営計画の発表などと併せてM&Aの投資枠を設ける企業が増えている。社内外に向けて「M&Aに積極的に取り組む企業」をアピールする狙いがあるとみられるが、効果はいかほどのものだろうか。

【ベネッセホールディングス】通信教育依存脱却と進むM&Aによる多角化

【ベネッセホールディングス】通信教育依存脱却と進むM&Aによる多角化

2016/08/30

「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」などを手掛けるベネッセホールディングス。教育市場の競争激化や個人情報流出事件の影響などにより、通信教育講座の国内会員数が減少する中、予備校や個別指導塾、そして介護・保育、海外事業などへのM&Aを積極的に行っている。M&Aによる多角化の動きを見てみる。

M&A速報検索

クリア