「旧豊田佐助邸」 王国トヨタの私的な遺産|産業遺産のM&A

alt
写真右手の洋館と手前の日本建築(和館)、概ね2期の建築に分かれる旧豊田佐助邸(名古屋市)

“世界のトヨタ”、そのルーツは豊田一族が邸宅を構えた名古屋市東区主税町界隈にある。現存するのは、トヨタグループの創始者・豊田佐吉の弟佐助の旧宅だけとなっている。

大工業都市名古屋に、ぽっかりとオアシスのような閑静かつ瀟洒な住宅街が広がる。名古屋市東区主税町。周辺には、女優・川上貞奴が暮らした邸宅を移築復元した「文化のみち二葉館」や、陶磁器商として活躍した井元為三郎の旧宅である「文化のみち橦木館」、美術館や結婚式場などのレトロな雰囲気の洋館などがある。江戸時代の武家屋敷の面影も残し、屋敷景観と戦前の近代建築、和洋が美しく融合する町並みである。

トヨタグループの創始者、豊田佐吉の弟、豊田佐助の旧宅はこの主税町の一角にある。一帯は文化のみち・白壁地区とも呼ばれ、近隣の長塀町には豊田佐吉邸があったほか、白壁町にトヨタ自動車工業創業者(2代目社長)の豊田喜一郎邸と、豊田自動織機製作所やトヨタ自動車工業初代社長の豊田利三郎邸もあったという。

一帯は豊田家一族の旧邸が集まり、まさに“トヨタ王国”であり、家という私的な財産でいえば、“豊田家のまち”の感もあったが、現存するのは豊田佐助邸だけとなっている。

豊田佐助邸の邸内

豊田家の「私的遺産」の歴史

豊田佐助邸は、大正後期、1920年代に完成した。白いタイル張り(屋内は木造)の洋館と広い間取りの日本建築(和館)で構成されている。

その建設は概ね2期に分かれているという。前期は1916年頃、豊田利三郎により、洋館などがつくられた時期だ。後期は1923年頃、豊田佐助によって和館などがつくられた時期である。

現在の旧豊田佐助邸を覗いてみると、建物全体の造りはもちろん、調度品なども豊田家の歴史の重みを感じることができる。洋館の1階には蓮のつぼみの形をした照明があり、換気口には鶴にトヨダの文字がデザインされていて、細部を凝った造りで、かつ全体が豪奢でもある。

トヨタ製のレコードプレーヤーも置かれていた。確かトヨタグループの大手自動車部品会社であるアイシン精機(現アイシン)では、1960年代半ば頃から1980年代前半にかけて、冷蔵庫、洗濯機など主に白物家電に「TOYOTA」のロゴを入れて「トヨタ家庭用機器」として販売していた時期があった。そのレコードプレーヤーかもしれない。豊田佐助の私邸ながら、トヨタグループの歴史を彷彿とさせた。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「丸福楼」 ホテルに生まれ変わった“ゲームの聖地”|産業遺産のM&A

「丸福楼」 ホテルに生まれ変わった“ゲームの聖地”|産業遺産のM&A

2022-12-12

創業130周年を超える老舗玩具メーカーの任天堂。その創業の地にあった旧本社ビルが、2022年4月にホテルとなってオープンした。客室数18と小ぶりなホテルだが、国内外から多くの観光客を迎えている。