ホテル事業の再生なるか? 旧奈良監獄|産業遺産のM&A

alt
旧奈良監獄…アーチ型の入口と両脇に円筒を備えたロマネスク様式の表門

JR奈良駅の北東、若草山と、桜並木で有名な佐保川を隔てた高台の住宅地に、巨大な明治期のレンガ建築群がそびえ、広がっている。明治政府が国の維新をかけて近代化を進めた監獄、通称「旧奈良監獄」である。2021年現在は耐震工事中で一般公開はされておらず、見上げるようなレンガ塀と堅牢な門扉に閉ざされているが、ホテルとして蘇る計画が着実に進んでいる。

「明治5大監獄」の一角をなす

旧奈良監獄の前身は江戸期の1613年、現奈良女子大学の敷地内に奈良奉行所が設立され、その北側に牢屋敷ができたことに始まる。150余年が経ち、時代は明治期に移り、奈良奉行所の牢舎の一部を移築した時に奈良監獄署となった。

当時は明治政府による旧刑法の編纂作業が始まった時期。法の近代化が進むとともに、人権意識の極めて低かった奉行所の牢屋(監獄)の改築計画も進んだ。1901年、第1期監獄改築計画が帝国議会を通過、旧奈良監獄が起工となった。

建物の煉瓦も受刑者の手によるものとされる

旧奈良監獄が現在の地(般若寺町)に竣工したのは1908年のこと。この時期、明治政府による監獄の整備が進み、奈良監獄をはじめ千葉監獄、鹿児島監獄、長崎監獄、金沢監獄を「明治5大監獄」と呼ぶようにもなった。そのなかで、旧奈良監獄は現在も監獄としての全貌を残す唯一の監獄である。1910年には650名の定員に対して、900人を超える受刑者を収監していたという。

旧奈良監獄の設計者は当時司法省に勤め、数多くの刑務所や裁判所の設計を手がけた山下啓次郎である。ただし、実際の建設の大半は受刑者の労働によって行われた。使用された赤レンガも、監獄構内に窯を築いて自給したと伝えられている。

美しくも重厚なロマネスク様式。聳えるように高い塀も赤レンガ造り。近隣に監獄全体を見渡す場所がないのでわからないが、10万㎡を超える敷地の中央には、「ハビランド・システム」と言われる放射状に伸びた収容棟が配置されている。

更生施設として少年刑務所に

奈良監獄が奈良刑務所と改称されたのは、少年法が改正された1922年のことだ。時代は昭和期に移り、第2次大戦が終結した翌年の1946年に奈良少年刑務所と改称し、旧奈良監獄は少年犯を収監する施設となる。

と同時に、1950年代の前半にかけて、少年受刑者の更生が旧奈良監獄の大きな役割となった。県立高校の通信制課程を実施し、若草理容師養成所という理容科の職業訓練をスタートさせた。

1964年、旧奈良監獄は総合職業訓練施設に指定される。その後、少年受刑者の就労支援、職業訓練種目の充実を進め、社会復帰のプログラムをより拡充させ、2008年には設立100周年を迎えた。

重要文化財として建造物の国の保存対象に指定されたのは2017年で、まだ日が浅い。2019年には旧奈良監獄の建造物を活かし、史料館としてオープンした。

重要文化財の指定を機に旧奈良監獄は閉鎖され、その保存・活用は民間企業が担うことになった。3グループが応募し、チサンホテルなどを全国展開するソラーレ ホテルズ アンドリゾーツ(ソラーレ)など8社によるコンソーシアム(連合体)が保存・活用を担うことになった。このとき、旧奈良監獄を生かしたホテル構想が生まれた。

表門から見る旧監獄庁舎

NEXT STORY

よみがえる商家・旧小西家住宅、戦後「ボンドのコニシ」として名をはせる|産業遺産のM&A

よみがえる商家・旧小西家住宅、戦後「ボンドのコニシ」として名をはせる|産業遺産のM&A

2021/06/15

大阪・船場の高層ビルが立ち並ぶ一角に、豪奢な佇まいを見せる商家がある。ボンドのコニシ、旧小西家住宅である。大阪を代表する表屋造りの名建築。この旧小西家住宅が2020年11月、創業150年を機に史料館としてリニューアルした。