「川越スカラ座」 小江戸の路地裏に佇む県内最古の映画館|産業遺産のM&A

alt
2007年5月、いったんは休館するもNPO法人により直後に復活した川越スカラ座(埼玉県川越市)

「小江戸」と呼ばれ県民に親しまれ、休日ともなると近県からの行楽客で街中が賑わう川越のまち。その小江戸川越のシンボルともいえる「時の鐘」の東の裏手、住宅街の元町地区の一角に、昔ながらの姿をとどめた小さな映画館がある。

川越スカラ座という市内に唯一残る、埼玉県内最古の映画館だ。映画をはじめ寄席など大衆娯楽を支え続けて100年を超える歴史があり、現在もミニシアター系の映画館として根強い人気を集めている。

一力亭という寄席から松竹直営の封切館に、そして独立系の映画館に

川越スカラ座の始まりは100年以上前の明治後期の1905年、一力亭という名の寄席だった。その後、一力亭は1907年に「おいで館」という名称に変更した。さらに大正期の1921年には川越演芸館に改名。寄席だけではなく、人気活弁士による活動写真の上映も始め、大衆演芸のホールとして人気を集めた。

そして太平洋戦争の勃発した1940年に川越松竹館となる。松竹が直営の封切館として、寄席から映画館に変身させた。これが、今日の川越スカラ座の原点ということになる。

今日の「川越スカラ座」という名称になったのは、高度経済成長期の昭和30年代、1963年のことだった。以後、川越スカラ座は、松竹に限らずロードショーを上映する映画館として賑わいを見せた。

だが、時代は平成に入り、映画は徐々に斜陽の時代を迎えていく。評判の高い映画を上映する映画館にはお客が入るものの、その映画館は川越スカラ座のようなミニシアターではなく、シネコンだった。

1つの映画館に複数のスクリーンを持つシネコンは2000年代の初頭に台頭し、現在、数としては8割以上の映画館がこの形式で運営されている。川越スカラ座のようなミニシアターでは客足が遠のくまま、厳しい運営を強いられた。

そして2007年5月、川越スカラ座は閉館を迎えた。往時を知る地元映画ファンにとっては、「また1つ、スクリーンの幕が降りた」と感じたことだろう。

川越にあったもう1つの人気映画館

「また1つ……」というのは、実は川越スカラ座が閉館となる前年の2006年2月に川越の名物の1つであった「シアターホームラン」という映画館が閉館していたからである。

シアターホームランは戦後1950年から川越ホームラン劇場という名称で運営され、当初は主に松竹系の映画を上映していた。その後、東映の直営館となり、名称も川越東映劇場と変更した。だが、地元映画ファンには「ホームラン劇場」のほうが愛着もあり、1988年にシアターホームランという名称に変わった。

そのシアターホームランが2006年2月に56年の幕を下ろす。背景には映画人口の減少や後継者難などがあったようだ。最盛期には7館の映画館があり、首都圏近郊、埼玉県の映画文化を支えてきた川越。しかし、シアターホームランの閉館によって、銀座スカラ座が市内唯一の映画館となった。ちなみに、シアターホームランがあった地(川越市松江町)は三井病院の別館となっている。

NEXT STORY

「紙の博物館」洋紙の聖地に息づく製紙業の変遷

「紙の博物館」洋紙の聖地に息づく製紙業の変遷

2022/04/18

王子は我が国の用紙発祥の地として知られ、旧王子製紙の王子工場があった。紙の博物館は1950年、その跡地に太平洋戦争の空襲で唯一焼け残った同工場電気室の建物を利用して旧王子製紙が保管していた資料をベースに開設された。当初は「製紙記念館」という、いわゆる企業の記念館だった。ところが1986年、その敷地に首都高速が建設され、王子駅を挟んだ西側の飛鳥山公園内に移設された。