菱田秀則

菱田秀則 (ひしだ・ひでのり) ライター

ライター

最新の記事

軽井沢・千ヶ滝 “100年別荘”のSol y Sombra|産業遺産のM&A

軽井沢・千ヶ滝 “100年別荘”のSol y Sombra|産業遺産のM&A

別荘地として百余年の歴史を持つ軽井沢・千ヶ滝別荘地。西武グループの基礎を築いた箱根土地により開発されてきたが、百余年の歴史には数々の事業への進出・撤退がある。

記事を読む
【京葉銀行】“ナンバー2”の第二地銀|ご当地銀行の合従連衡史

【京葉銀行】“ナンバー2”の第二地銀|ご当地銀行の合従連衡史

第二地方銀行協会会長職の常連銀行の1つで、千葉県の第二地銀、京葉銀行のこれまでの歩みを見ていく。

記事を読む
「牟呂発電所」電力王が取り組んだ産業振興の礎|産業遺産のM&A

「牟呂発電所」電力王が取り組んだ産業振興の礎|産業遺産のM&A

電力王といわれた福澤桃介が経営した企業の一つ、豊橋電気。その遺構などが豊橋市周辺・東三河には多く残り、中部電力をはじめ中部地方の電気・電力業界の基礎を築いた道のりを垣間見ることができる。

記事を読む
【もみじ銀行】2つの持株会社を渡り歩いた第二地銀|ご当地銀行の合従連衡史

【もみじ銀行】2つの持株会社を渡り歩いた第二地銀|ご当地銀行の合従連衡史

岡山県のトマト銀行といい、中国・山陽地方にはちょっと変わった行名の銀行があり、「もみじ銀行」もその一つと言える。広島県・厳島の名産品「もみじ饅頭」からきた行名と思いきや、それだけではなく、「もっと みじかに!! じもと(地元)の銀行」という同行のスローガンに「もみじ」の意味が込められている。

記事を読む
「小坂鉱山」藤田組・久原房之助が描いた鉱山ユートピア|産業遺産のM&A

「小坂鉱山」藤田組・久原房之助が描いた鉱山ユートピア|産業遺産のM&A

秋田県小坂町にある小坂鉱山。江戸後期、盛岡南部藩によって採掘が始まり、戊辰戦争に巻き込まれ官営に。明治政府から藤田組に払い下げられ、紆余曲折を経て、現在のDOWAホールディングスにつながっている。

記事を読む
【東和銀行】創立100周年を超える老舗地銀|ご当地銀行の合従連衡史

【東和銀行】創立100周年を超える老舗地銀|ご当地銀行の合従連衡史

2017年に創業100周年を迎えた東和銀行。次の100周年に向けて、老舗格の第二地銀らしく、地元群馬経済を支えるとともに隣県から首都圏方面に積極的な攻勢をかける。

記事を読む
「黒壁スクエア」ガラス文化に魅せられて|産業遺産のM&A

「黒壁スクエア」ガラス文化に魅せられて|産業遺産のM&A

かつて「黒壁銀行」といわれた国立第百三十銀行長浜支店と同市商店街が「黒壁」をテーマに蘇った。ガラス事業から多事業に展開し、年間200万人を超える観光客を迎えるまでになっている。

記事を読む
【島根銀行】SBIとの提携で進むDX化|ご当地銀行の合従連衡史

【島根銀行】SBIとの提携で進むDX化|ご当地銀行の合従連衡史

島根県の第二地銀、島根銀行にこれまで大きなM&Aはなかった。だが、2019年のSBIとの資本業務提携は大きな転換点となった。

記事を読む
「旧碓氷社」に農協の原初を見る|産業遺産のM&A

「旧碓氷社」に農協の原初を見る|産業遺産のM&A

日本の養蚕業のメッカ・群馬。今日、富岡製糸場が世界遺産として人気を集める一方で、農民による組合製糸結社・碓氷社があった。その組織形態は農協のルーツともいえるものだった。

記事を読む
【北九州銀行】日本で最も新しい地銀 ご当地銀行の合従連衡史

【北九州銀行】日本で最も新しい地銀 ご当地銀行の合従連衡史

福岡県には、福岡銀行、筑邦銀行、西日本シティ銀行、北九州銀行、福岡中央銀行の5つの地銀(福岡中央銀行は第二地銀)がある。そのうち最も新しいのが北九州銀行だ。2011年10月に営業開始、山口フィナンシャルグループ(YMFG)の一員として営業基盤を広げている。

記事を読む
「常磐炭田」黒いダイヤが新たな産業を産んだ|産業遺産のM&A

「常磐炭田」黒いダイヤが新たな産業を産んだ|産業遺産のM&A

明治初期の1870年代から1980年代にかけて、福島県の浜通り一帯に存在していた本州最大級の常磐炭田。閉山以降も、鉱山家や鉱夫らはいわき市を中心に数多くの産業・企業を産み育てた。

記事を読む
【大光銀行】功罪相半ばする創業者の横顔 ご当地銀行の合従連衡史

【大光銀行】功罪相半ばする創業者の横顔 ご当地銀行の合従連衡史

新潟県の第二地銀である大光銀行。2019年6月、約40年ぶりに生え抜きの頭取が就任した。過去の呪縛から解かれたような就任。それほどに、創業から1980年頃まで長く続いた創業者一族の経営支配は、功罪相半ばするものだったのかもしれない。

記事を読む
「ミキモト真珠島」帝国汽船と鳥羽町の買収劇の末に誕生した“真珠王”の島|産業遺産のM&A

「ミキモト真珠島」帝国汽船と鳥羽町の買収劇の末に誕生した“真珠王”の島|産業遺産のM&A

鳥羽市は真珠のミキモト、御木本幸吉の生誕地。養殖真珠を事業として成立させた御木本は、その事業発祥の地である島を購入し、真珠島と名づけた。島は現在、博物館・記念館などを擁する観光地となっている。

記事を読む
【佐賀共栄銀行】小粒でピリリと辛い営業展開|“ご当地銀行”の合従連衡史

【佐賀共栄銀行】小粒でピリリと辛い営業展開|“ご当地銀行”の合従連衡史

佐賀共栄銀行は、全国的に見てもユニーク、“逆張り”とも言える営業方針をとってきた。行員に融資額を競わせず、他行より高い金利で融資する。ミドルリスクを抱えたその施策は、第二地銀の進むべき道の一つを示しているかのようだ。

記事を読む
「NISSHA印刷歴史館」「京都紡績業史」への敬意を印刷史で体現|産業遺産のM&A

「NISSHA印刷歴史館」「京都紡績業史」への敬意を印刷史で体現|産業遺産のM&A

京都市中京区、NISSHA本社敷地内にある「NISSHA印刷歴史館」。同じ敷地内にある旧京都綿ネル工場群とともに、京都の中心街で「印刷と紡績の歴史」を紡いでいく。

記事を読む
【大東銀行】投資家からの注目を集める|“ご当地銀行”の合従連衡史

【大東銀行】投資家からの注目を集める|“ご当地銀行”の合従連衡史

大東銀行は日本の金融史では三たび登場する。最初は1922(大正11)年から1925)年にかけて東京に存立していた大東銀行。もう一つは1932(昭和7)年から1941年にかけて福岡に存立し、その後、筑邦銀行、福岡銀行へとつながる大東銀行。そして最後に1989(平成元)年に福島県郡山市に誕生した第二地銀の大東銀行である。

記事を読む
「弘前れんが倉庫美術館」りんご酒とともに歩んだ百余年|産業遺産のM&A

「弘前れんが倉庫美術館」りんご酒とともに歩んだ百余年|産業遺産のM&A

「弘前れんが倉庫美術館」の建物は、もともと地元酒造会社の工場・倉庫だった。同時に、日本のシードル(りんご酒)発祥の地でもあった。美術館として再生するまでの歴史をたどる。

記事を読む
【西京銀行】“西の京”山口で新機軸を打ち出す第二地銀|“ご当地銀行”の合従連衡史

【西京銀行】“西の京”山口で新機軸を打ち出す第二地銀|“ご当地銀行”の合従連衡史

解説文 山口県の第二地銀である西京銀行。インターネット銀行構想など新手の事業進出を狙ったこともあるが、昨今は銀証共同店舗の拡大に新機軸をみいだす。

記事を読む
「イトムカ鉱山」日本最大の水銀採掘地はいま|産業遺産のM&A

「イトムカ鉱山」日本最大の水銀採掘地はいま|産業遺産のM&A

戦中戦後の一時期、国内はもちろん東洋一の水銀生産量を誇ったイトムカ鉱山。昭和後期、1970年代に閉山し、“ヤマの灯”は消えたものの、真逆の水銀の処理再生をはじめ各種の廃棄物処理施設として循環型社会に貢献する。

記事を読む
【長崎銀行】最も支店数の少ない第二地銀|“ご当地銀行”の合従連衡史

【長崎銀行】最も支店数の少ない第二地銀|“ご当地銀行”の合従連衡史

長崎県内では十八銀行と親和銀行が2020年10月に合併して十八親和銀行となり、ふくおかフィナンシャルグループの完全子会社となった。県内地銀同士のM&Aだが、その地銀再編の波からすると、一見、蚊帳の外にあるかのような第二地銀がある。長崎銀行だ。

記事を読む
「北恵那鉄道」電力とモータリゼーションに揉まれた100年|産業遺産のM&A

「北恵那鉄道」電力とモータリゼーションに揉まれた100年|産業遺産のM&A

1920年代から70年代に活躍した北恵那鉄道。電力王・福澤桃介が生んだ“電車”は、モータリゼーションの波に揉まれて廃線に。鉄道会社もバス会社になり、やがて福澤桃介が生んだ大手鉄道会社の傘下に入る。

記事を読む
「奈良ホテル」変わる経営母体と進化するおもてなし|産業遺産のM&A

「奈良ホテル」変わる経営母体と進化するおもてなし|産業遺産のM&A

奈良ホテルの経営母体、営業主体は、その110余年を超える歴史のなかで幾度となく変遷を遂げてきた。そのたびごとにホテルのハード面、さらに格式、おもてなしといったソフト面も発展進化し、今日に至る。

記事を読む
缶詰記念館に見る清水「缶詰産業」の源流|産業遺産のM&A

缶詰記念館に見る清水「缶詰産業」の源流|産業遺産のM&A

清水港湾博物館(フェルケール博物館)の裏手にひっそりと建つ「缶詰記念館」。清水の缶詰産業の源流であるとともに、SSKブランドで知られる清水食品の源流でもある。

記事を読む
三甲テキスタイル本社工場 毛織物の産地で再編に揉まれつつ稼働し続けた110年|産業遺産のM&A

三甲テキスタイル本社工場 毛織物の産地で再編に揉まれつつ稼働し続けた110年|産業遺産のM&A

岐阜県の南西に位置する大垣市は、実は市域が3つに分断されている。もともとの大垣市に加え、2006年に養老郡上石津町と安八郡墨俣町を合併したが、それぞれの町はもともとの大垣市とは隣接していないからだ。

記事を読む
【依佐美送信所】官民・米軍間を揺れ動いた世界最大級の無線送信所|産業遺産のM&A

【依佐美送信所】官民・米軍間を揺れ動いた世界最大級の無線送信所|産業遺産のM&A

依佐美送信所は愛知県依佐美村(現刈谷市)に建設された世界最大級の大電力無線送信所であった。その設計・施工には当時、日米間に海底電信線を敷設することを目的に設立された日本無線電信が深く関わっている。日本無線電信とは、日本でラジオ放送が開始された1925年、日本無線電信株式会社法の成立によって設立された特殊会社である。

記事を読む

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5