「日月ボール」再び燃えた産業の火|産業遺産のM&A

alt
広島県廿日市市ふれあい通りにある「けん玉(日月ボール)発祥の地」のモニュメント

木工玩具として一世を風靡した「けん玉」。その発祥の地は広島県、安芸の宮島(厳島)がある廿日市市だとされている。確かに市内のふれあい通りの歩道、「けん玉公園」の入り口付近には「けん玉(日月ボール)発祥の地」というモニュメントが立ち、けん玉の路上アートなども市内の歩道では見かける。公園の遊具もけん玉ふう。

では、その製造現場は? 木工職人が働く生産工場は? と市中を探しても、ない。産業としてのけん玉は、潰えてしまったのだろうか。

廿日市の木工技術が生み出した究極のおもちゃ

けん玉の歴史は古く、江戸期にオランダから長崎に伝わったとされている。そのけん玉が、なぜ廿日市の地に根づいたのか。広島県の南西部にある廿日市は古くから中国山地からの木材の集積地として栄え、また、独特の「ろくろ細工」の技術を持つまちとして知られていた。その木材と加工技術を生かした生産物として、けん玉の原型は廿日市に根づいたようだ。

江戸期から明治期に時代は移り変わり、廿日市のまちではろくろ技術を生かした各種の木工製品の生産が増えていく。木工のおもちゃのほか、小ぶりな工芸品は宮島を訪れる観光客のお土産としても好評で、徐々に広まっていった。

だが、その当時、長崎から伝わったとされるけん玉が、「けん玉」と呼ばれていたかは定かでなく、今日のけん玉と形状は異なっていたようだ。歴史に見るのは長崎に伝わった当時、紐付きの穴のあいたボールを手に握った軸にさすという、いわばいまよりも単純なおもちゃ。まさに「剣と玉」だった。フランス語では bilboquet(ビルボケ)と呼ばれていた。

現在のけん玉に近い形状に改良され、廿日市で広く生産されるようになったのは第1次大戦後の1918年のことだった。呉出身の江草濱次という木工職人が、現在のけん玉の原型に近いものに改良した。

実用新案登録を行い、廿日市の木工職人に製造を依頼

単純な遊び道具ほど、奥が深い。江草はピルボケの軸(棒)に受け皿をつけ、紐のついた玉を金魚すくいのように皿にすくって遊ぶおもちゃを考案した。これが現在のけん玉へとつながっていく。

そのけん玉の原型を正面から見ると、玉が太陽に、皿が三日月のように見える。そこで江草はけん玉の原型を「日月ボール」と命名し、改良の翌年1919年に実用新案登録している。けん玉の輝くような赤は、大正ルネサンス、日イヅル国、そして日本の国旗をイメージしていたのかもしれない。

江草は「日月ボール」の量産の道を探った。そのとき目に止まったのが木工職人の集まる廿日市だった。江草は1921年に廿日市で家具小物づくりを行っていたろくろ木工場の本郷木工を尋ね、ろくろ細工の技術で玉を太陽のような美しい球体に、皿を三日月のように鋭く美しくカーブするような加工を依頼した。この「日月ボール」が完成を見たたとき、現在のけん玉とその文化が花開いたのである。

剣に串刺しされる球だけのピルボケは、皿をつけることで盾と矛を身にまとい、さらに弾丸を備えたように進化した。おもちゃとしての機能も充実し、遊び・技の種類をいっそう多様化させた。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。