「紙の博物館」洋紙の聖地に息づく製紙業の変遷

alt
JR「王子」駅前にある「洋紙発祥の地 王子」の案内板。線路を挟んだ飛鳥山には「紙の博物館」がある

東京都北区、JR「王子」駅西の飛鳥山公園内にある「紙の博物館」。公園内には日本資本主義の父といわれる渋沢栄一の史料館、北区飛鳥山博物館、紙の博物館と、「飛鳥山3つの博物館」があり、四季を通じて多くの行楽客を迎えている。

王子は我が国の用紙発祥の地として知られ、旧王子製紙の王子工場があった。紙の博物館は1950年、その跡地に太平洋戦争の空襲で唯一焼け残った同工場電気室の建物を利用して旧王子製紙が保管していた資料をベースに開設された。当初は「製紙記念館」という、いわゆる企業の記念館だった。ところが1986年、その敷地に首都高速が建設され、王子駅を挟んだ西側の飛鳥山公園内に移設された。

早期に財団法人化した製紙記念館

製紙記念館は開設されてまもなく財団法人化し、1952年には博物館法による登録博物館として認定された。第4号の登録であった。そのとき、製紙記念館は企業の記念館としてではなく、産業博物館という公共色の強い運営形態を選んだ。1953年に「製紙博物館」と改称され、1965年に現在の「紙の博物館」という名称になっている。

新築移転したのは1986年で、建築物としては古いものではない。1999年に「東京建築賞」(東京都建築士事務所協会主催)の優秀賞を受賞したが、産業遺産的な価値のあるものではない。だが、旧王子製紙がもともとも抄紙会社という名称で創業した当時、明治初期の図面が産業考古学推薦産業遺産として認定され、その後、紙の博物館の収蔵物全体が経産省の近代化産業遺産の構成遺産として認定されている。

なぜ王子の地が選ばれたのか

では、なぜ、王子が洋紙発祥の地となったのか。王子を洋紙製造の拠点として選んだのは渋沢栄一である。

渋沢は1873年、王子の地に旧王子製紙の前身である抄紙会社を設立した。抄紙とは紙をすくこと(抄紙機)であり、その用語を社名に選んだ。設立の際には、あらゆる事業を盛んにするには、人々の知識を高める書籍や新聞などの印刷物の普及が欠かせず、そのためには安価で大量印刷が可能な洋紙を製造すべきだと考え、工場の土地探しを行う。

東京中を探し回った結果、千川上水という豊富な水、交通の便、原料や製品の運搬に便利な舟運などの条件を兼ね備えた土地を得た。それが当時の王子村だった。また、東京に工場を置いたのは、水運のほかに民衆への啓蒙という目的もあった。その後1893年に、設立された土地の地名から、商号を王子製紙と改称した。

王子製紙工場では民衆への啓蒙という目的のため、早い段階で工場見学ができた。今日流行りの「工場見学」のルーツともいえる。

2020年に創設70周年を迎えた紙の博物館では、洋紙・和紙を含めて紙の歴史と産業技術を展示している。館内の「紙と産業」エリアでは、日本の近代製紙産業の歴史や紙の原料と製造工程、多様な種類・用途、環境対応への業界の取り組みなど洋紙の歴史と技術を展示。

「紙の教室」エリアでは、紙のクイズなどを通じて紙の基本とリサイクルについて知ることができる子ども向けプログラムを提供する。「和紙と文化」エリアでは、紙の誕生と伝播、古くから日本文化を支えてきた和紙の歴史や用途などを紹介している。

館内には世界最初の抄紙機(模型)や木綿ボロ(破布)と薬品を入れてパルプをつくるボロ蒸煮器、丸太を押しつけてパルプをつくるポケットグラインダーなど大型の製紙機械も展示されている。

丸太を押しつけてパルプをつくるポケットグラインダー(紙の博物館)

NEXT STORY

【日本M&A史】大企業の時代到来を告げた「三大製紙」の合併 新王子製紙の登場(4)

【日本M&A史】大企業の時代到来を告げた「三大製紙」の合併 新王子製紙の登場(4)

2020/07/08

1933年5月、三大製紙会社が合併して、新たに王子製紙が発足した。この合併は、大企業の時代到来を告げるものであり、製紙産業史だけでなく日本経営史全体にとっても大きな衝撃を与える出来事であった。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5