三ツ矢サイダー 140年目の「初めてのKiss」|産業遺産のM&A

alt
ホームセンターコーナン川西平野店の奥に佇む「三ツ矢サイダー発祥の地」

『三ツ矢サイダー』は2021年で140年の歴史を誇る超老舗格の飲料である。1881年、ウィリアム・ガラン(ウィリアム・ガウランド)というイギリスの化学者が、現在の兵庫県川西市平野で天然鉱泉水を発見した。そして、その天然鉱泉水を飲み水として最適な鉱泉と判断し、同地で炭酸水の製造を始めた。

なお、単純に「発見した」という表現は正確ではないのかもしれない。実は当地には江戸期まで摂津三湯(摂津とは現在の大阪府北中部と兵庫県南東部のこと)として平野の湯があり、湯治場として栄え、鉱泉の存在そのものは知られていたからだ。明治期に入り廃れてしまったその鉱泉水をウィリアム・ガランが「飲み水として最適であることを発見した」ということもできる。

「三ツ矢」ブランドはどこから来たのか

平野の天然鉱泉水は1884年に三ツ矢平野鉱泉という会社が『平野水』という名称で発売する。その評判が高まり、当時の宮内省は天皇家が利用する御料水に指定した。1897年のことだ。当時は皇太子であった大正天皇(東宮殿下)の御料品に指定されたとされる。

平野の鉱泉水の評判はますます高まり、1907年には輸入されたサイダーフレーバーエッセンスで味つけして「シャンペンサイダー」を発売。当時のブランドは、社名と同じく「三ツ矢」である(商標として登録したのは1899年とされる)。三ツ矢印の『平野シャンペンサイダー』という商品名だったということになる。

この「三ツ矢」の名は、平安時代の源氏の故事にさかのぼるという。

平安時代の中期、源満仲という武将が城をつくるべく神社に祈祷した。神のお告げは「矢の落ちたところに城をつくるべし」だった。その矢を探しあてたところが、当地である多田沼。矢を探しあてた男に、三ツ矢の姓と三本の矢羽の紋が与えられたという。源満仲が鷹狩りに出た際、近くの谷に湧く水で鷹が足の傷を治して飛び立つのを見て、この水が天然鉱泉だとわかった。こうした言伝えから「三ツ矢」という名称が生まれたといわれる。(アサヒ飲料「三ツ矢の歴史」より)

 その後、1912年には、現在も建物が残る御料品製造所が建設されている。それから40年の時を経た1952年、『平野シャンペンサイダー』は『全糖三ツ矢シャンペンサイダー』と名称を変えた。いわば人工甘味料ではなく、「砂糖でつくったサイダー」だ。当時、砂糖は絶対量が少なくコストもかかり、大量生産される飲料に使われることは少なかった。その点、甘味成分に砂糖しか使っていない「全糖」は、ぜいたくな清涼飲料水だったといえる。

NEXT STORY

旧三川電鉄変電所 活かし受け継ぐ3つの会社|産業遺産のM&A

旧三川電鉄変電所 活かし受け継ぐ3つの会社|産業遺産のM&A

2020/12/11

福岡県大牟田市にある旧三川電鉄発電所は三池炭鉱の専用鉄道線のための変電所だった。役目を終えた変電所の建物。解体されるかに思われたが、新たな買い手が見つかった。さらに次の買い手も。レンガ造りの産業遺産は、まさに生きた産業遺産として歴史を刻む。