阪堺電車 生き残った“なにわのチン電”|産業遺産のM&A

alt
阪堺電車は地元堺市民の足として欠かせない存在

「はんかい」の名で親しまれる阪堺電車(阪堺電気軌道)は、文字どおり大阪(天王寺・今宮周辺)と堺市(浜寺公園周辺)を結ぶ大阪唯一の路面電車だ。その歴史は古く、前身は大阪馬車鉄道。1897(明治30)年5月に設立された。当時は軌道に乗った客車を、馬がポッカポッカと曳いていた。明治初期から中期にかけて全国で敷設された馬車鉄道の1つである。

現在は上町線と阪堺線の2路線全長約18kmに路面電車が走り、地元の欠かせない足として利用され、また多くの鉄道ファンの人気を博している。現存する最も古い車両は1928(昭和3年)製モ161形。路面電車は車両1つの単行運転が多く、スピードも低いため直接制御器の2個モータ車がほとんどだった時代、4個モータ車でしかも複数のモータ車を総括制御する連結運転は、日本の路面電車で初めてといわれ、鉄道車両史上も貴重な産業遺産であるとされている。

その阪堺電車を経営の視点から見ると、昭和のモータリゼーションの波に乗り遅れ、これまでも廃線の危機にさらされ、スポンサー探しに腐心してきた。

南海鉄道に吸収合併されるも、一時期、近鉄の一路線として運行

大阪馬車鉄道は設立3年後、1900(明治33)年9月に天王寺西門前から東天下茶屋間を開通させて上町線として開業した。その後、路線を延長するとともに、馬車鉄道から電気鉄道へと切り替えていった。

その電化工事のさなかに、最初のM&Aが行われている。大阪南部の私鉄の雄である南海鉄道との合併である。電化工事は南海鉄道が引き継ぎ、南海鉄道の上町線として営業運転が始まった。

南海本線と連絡が可能になったのは1913(大正2)年のこと。その後、1921年には南海鉄道は天王寺西門前から天王寺駅前間を大阪市に譲渡している。

一方の阪堺線は、1910(明治43)年3月に設立した旧阪堺電気軌道が敷設した路線だ。1911年に恵美須町〜大小路間を開通させ、1912年には現在の阪堺線が営業開始されている。

南海鉄道としては上町線(大阪馬車鉄道)と同様に、大阪と堺という大都市を結ぶ阪堺線の買収を目論んでいたはずだ。南海鉄道と旧阪堺電気軌道の旅客誘致競争が激化する。最終的には、1915(大正4)年に南海鉄道が旧阪堺電気軌道を吸収合併し、阪堺線は南海鉄道の一路線となった。

実は上町線・阪堺線ともに、もう一段の数奇な運命をたどる。第2次大戦中の企業統合政策に巻き込まれたのである。1944(昭和19)年6月、阪堺線と上町線を得た南海鉄道は関西急行鉄道と合併することとなった。関西急行鉄道は現在の近鉄(近畿日本鉄道)である。阪堺は南海と思っていたら近鉄? 終戦直後まで、阪堺電車は南海と近鉄、そして戦禍に振り回されていたのである。

だが終戦直後の1947年6月、上町線・阪堺線の2路線は南海鉄道の路線とともに、新立した南海電鉄(南海電気鉄道)に引き継がれることになった。以後は上町線・阪堺線ともに、南海電鉄の一路線として営業することになった。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

通学定期が6割以上値下げされる北総鉄道とは?なぜ運賃が高い?

通学定期が6割以上値下げされる北総鉄道とは?なぜ運賃が高い?

2021-11-24

「首都圏で最も運賃が高い」とも言われる北総鉄道の運賃が2022年10月1日に改定され、通学定期は64.7%も値下げされることになった。同社が運営する「北総線」1km当たりの運賃は小田急線の実に2倍となる。なぜここまで運賃が跳ね上がったのか?