トップ > ビジネスと経済 > TOB・MBO >デサント・伊藤忠の対立、TOB開始で緊張高まる

デサント・伊藤忠の対立、TOB開始で緊張高まる

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
デサント東京オフィス(東京・目白)

スポーツウエア大手のデサント<8114>筆頭株主の伊藤忠商事<8001>との経営対立が後戻りできない状況だ。伊藤忠は1月31日、事前通告なしで、持分適用関連会社のデサントに対してTOB株式公開買い付け)を開始した。これに対し、デサントは賛同か反対かの意見を表明していないが、敵対的TOBの構図が決定的となっている。

“脱伊藤忠”を模索、独自経営にかじを切る

伊藤忠によるTOBはデサント株式を買い増し、現在約30%の持ち株比率を40%に引き上げる内容で、デサントの子会社化を目的としたものではない...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

株式の非上場化

花房幸範​
| 2017/10/3
2017.10.03

TOBと特別配当

M&A Online
| 2017/2/22
2017.02.22

どうにも不可解な「さが美」のTOB

金融ブログ闇株新聞
| 2016/10/24
2016.10.24