menu
Social media

法律・マネー

MBOの最新事情(下)事業承継に使えるのか?

Cover c8aa7110 10bd 43bc 9ab3 8b67a060c2d9

 自らが育てた経営陣に会社を承継させようと、MBOを考える未上場企業のオーナーは少なくないだろう。しかし、実際に活用するには資金調達をどうするかというハードルもある。果たして事業承継MBOを使えるのだろうか。今回は、未上場企業におけるMBOマネジメントバイアウト)について解説する。

 前回紹介したMBO指針は上場企業でTOB株式公開買い付け)を伴うMBOが対象である。未上場企業におけるMBOは視野にない。

 単純に未上場企業のMBOが社会的に取沙汰されることが少ない為というのみならず、そもそも未上場企業においては、少数株主を別にすると、上場企業ほどには株主の保護の要請が強くないためだ。

 未上場企業においてはたいていオーナー社長が誰よりも会社の情報を有している。加えて、株式が非公開である以上、誰かに売却を強制されることもない。価格決定においても、MBOそのものに関しても、オーナー社長がイニシアチブ(主導権)を持っている。そのため、上場企業における非公開化を伴うMBOのように株主が一方的に弱い立場に立たされることがない。

■未上場企業、メリット乏しく

 それでは未上場企業にはMBOが馴染むかというと、一概にそうは言い難い。

 上場企業が裁判沙汰になってまで行うMBOだが、対象会社にとっては上場維持コストの削減や、株価の変動を気にせず中長期的な経営戦略を実現しやすいこと、株主にとってはMBOプレミアムの価値を享受できるなど、それ相応のメリットがある。

 一方で、未上場企業においては、MBOのメリットは決して多くはない。自らが育てた経営陣が会社を承継出来るという点に関しては魅力を感じるオーナーも少なくないだろう。では、そのメリットと比してデメリットはどれほどか。

株式公開買付(TOB)・MBO

NEXT STORY

ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(上)

ジョナサン元社員が語る~すかいらーく吸収合併の舞台裏(上)

ファミリーレストランのジョナサンはすかいらーくグループの子会社として設立され、順調に業績を伸ばしてきました。しかし、すかいらーくの業績悪化に伴い、2012年にジョナサンは親会社に吸収合併されました。約30年間ジョナサンに勤務した元社員が吸収合併の舞台裏を赤裸々に語ります。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344