アパレルの記事一覧

【希望退職者募集】今年早くも20社超える|常連のアパレル、新顔に「鉄道」も

【希望退職者募集】今年早くも20社超える|常連のアパレル、新顔に「鉄道」も

2021年1~3月に希望(早期)退職者の募集を発表した上場企業は21社を数え、前年同期比4割増となった。ほとんどが新型コロナの影響拡大による業績悪化を理由とする。募集規模100人以上は7社で、3社に1社を占める。JTの1150人を筆頭に、名村造船所の250人が続く。

記事を読む
バルコス、「倉吉から世界へ」を合言葉に|【東証PRO】

バルコス、「倉吉から世界へ」を合言葉に|【東証PRO】

2020年10月にTPMに上場した倉吉市に本社を置く株式会社バルコス。女性向けのハンドバッグや財布のメーカーだ。地方の中小企業ながら、クロスメディア事業と店舗事業、海外事業と3事業を展開することで、“コロナ不況”の荒波を乗り越えていく。

記事を読む
【アパレル業界最前線】米投資ファンドABGのブランド再生エコシステム

【アパレル業界最前線】米投資ファンドABGのブランド再生エコシステム

アメリカで経営破綻をした著名アパレルを次々に買収し、再建することで成長を続けるオーセンティック・ブランズ・グループ(ABG)が注目されています。筆頭株主は米投資ファンドのブラックロック。傘下企業の年商は1兆円を超えています。

記事を読む
「STRASBURGO(ストラスブルゴ)」が民事再生 負債総額は46億円

「STRASBURGO(ストラスブルゴ)」が民事再生 負債総額は46億円

セレクトショップ「STRASBURGO(ストラスブルゴ)」などを運営するリデアが11月17日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。負債総額は約46億円。事業はW&Dインベストメントデザインと八木通商に譲渡する予定。

記事を読む
「ブルックスブラザーズ」ブランドは継続へ、ダイドーリミテッドが子会社化

「ブルックスブラザーズ」ブランドは継続へ、ダイドーリミテッドが子会社化

連邦破産法第11条(チャプター11)を申請した米国老舗ブランドのブルックスブラザーズグループインクの日本法人をダイドーリミテッドが子会社化する。子会社化後も営業を継続する予定。

記事を読む
「コロナ不況」にもかかわらず希望退職に申し込みが殺到する理由

「コロナ不況」にもかかわらず希望退職に申し込みが殺到する理由

新型コロナ禍に伴う景気低迷で、希望退職の募集が相次いでいる。景気が悪くなれば企業が希望退職を募るのは当たり前だが、事前想定を大きく上回る応募者が殺到する事例が目立つ。かつては従業員を震え上がらせた希望退職に、なぜ応募が殺到するのだろうか?

記事を読む
希望退職者募集、オンワード・ワールド・TSIの大手アパレル3社がそろい踏み!

希望退職者募集、オンワード・ワールド・TSIの大手アパレル3社がそろい踏み!

新型コロナ下、上場アパレル各社に希望退職者募集が広がっている。「ナノ・ユニバース」など展開のTSIホールディングスが追随したことで、オンワードホールディングス、ワールドを合わせた大手3社が今年そろって希望退職者募集に踏み切る異例の事態に。

記事を読む
ウォーレン・バフェット氏や「前澤友作氏」が買い 8月の大量保有報告書

ウォーレン・バフェット氏や「前澤友作氏」が買い 8月の大量保有報告書

M&A Online編集部が大量保有データベースで2020年8月の大量保有報告書の提出状況を調べたところ、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏や、ZOZO元社長の前澤友作氏が商社やアパレル業界に投資していた。

記事を読む
小泉グループがレナウンの「アクアスキュータム」「ダーバン」を買収

小泉グループがレナウンの「アクアスキュータム」「ダーバン」を買収

小泉グループは8月21日、民事再生手続き中のレナウンとレナウンの主力アパレルブランドである「Aquascutum(アクアスキュータム)」、「D'URBAN(ダーバン)」の事業譲渡契約を締結したと発表した。譲渡価格は非公表。

記事を読む
『アパレル興亡』|編集部おすすめの1冊

『アパレル興亡』|編集部おすすめの1冊

今年5月、アパレル業界に激震が走った。レナウンが経営破たんした。かつて売上高トップを誇り、業界盟主だったレナウンの凋落は同業各社だけでなく、すべての企業にとって決して他人事ではない。そのことをアパレル産業の変遷を踏まえ、如実に教えてくれる。

記事を読む
民事再生のレナウン、ブランドごとに複数スポンサーに譲渡へ

民事再生のレナウン、ブランドごとに複数スポンサーに譲渡へ

民事再生手続き中のレナウンが、ブランドや事業ごとの譲渡を複数のスポンサー候補と協議していることがわかった。関係者によると、8月中旬までの合意を目指しているという。

記事を読む
米欧の有力衣料品ブランド、ブルックス・ブラザーズまで1年で5社が経営破たん

米欧の有力衣料品ブランド、ブルックス・ブラザーズまで1年で5社が経営破たん

米欧の有力衣料品ブランドの経営破たんが相次いでいる。この1年で、昨年8月の米バーニーズ・ニューヨークに始まり、今年7月の米ブルックス・ブラザーズまで5社を数える。英ローラアシュレイのように、日本再上陸を進める最中に行き詰まったところもある。

記事を読む
ブルックスブラザーズ、本社倒産でも日本で営業できるのはなぜ?

ブルックスブラザーズ、本社倒産でも日本で営業できるのはなぜ?

米国流スーツスタイルの象徴的存在だったブルックスブラザーズが2020年7月8日、日本の民事再生法に当たる米連邦破産法第11条適用をデラウェア州の破産裁判所に申請し、事実上倒産した。ここで気になるのはブルックスブラザーズの日本での営業だ。

記事を読む
「ブルックスブラザーズ」国内10店舗閉店、米本社破綻の影響はなし

「ブルックスブラザーズ」国内10店舗閉店、米本社破綻の影響はなし

ブルックスブラザーズジャパンは、国内の一部店舗を8月30日までに閉店する。一方、9月4日に新店舗「ブルックスブラザーズ 表参道」をオープンする。「(米本社の)直接的な影響を受けることはない」とコメントしている

記事を読む
ポストコロナの「新型マスク」続々登場 蒸れにくくスポーツでも使用可能

ポストコロナの「新型マスク」続々登場 蒸れにくくスポーツでも使用可能

緊急事態宣言が全面解除され、新たな日常が始まろうとする中、新型マスクを巡る動きが活発化している。ポストコロナでは、機能性やファッション性に優れたマスクに関心が移りそうだ。

記事を読む
レナウン、8700万円足りずに民事再生 事業譲渡の可能性も

レナウン、8700万円足りずに民事再生 事業譲渡の可能性も

アパレル大手レナウンが民事再生となった「原因となる事実」は、手形決済資金8700万円の不足だったことが東京商工リサーチの取材でわかった。

記事を読む
アパレル受難! 明日はわが身の「レナウン・ショック」

アパレル受難! 明日はわが身の「レナウン・ショック」

アパレルの名門、レナウンが経営破綻に追い込まれた。30年近くに及ぶ長期低落で危機的な状況にあったところに「コロナ」が“引導”を渡す格好となったのだ。かつて売上高トップを誇ったレナウンの凋落はアパレル各社にとって決して他人事ではない。

記事を読む
人気アパレル「WEGO」を買収した投資ファンドJ-STARとは

人気アパレル「WEGO」を買収した投資ファンドJ-STARとは

J-STARは2006年2月設立の独立系投資ファンドです。中小企業に特化したPEファンドで、2020年1月にITエンジニア向け求職プラットフォームpaizaのMBO支援をしました。よく知られている案件としては、人気アパレルWEGOの買収があります。

記事を読む
キャスキッドソンジャパンが破産 負債総額は約65億円

キャスキッドソンジャパンが破産 負債総額は約65億円

イチゴや花柄をモチーフにした英国雑貨ブランドのCath Kidstonを運営するキャスキッドソンジャパンが4月22日、東京地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。負債総額は約65億円

記事を読む
新型コロナの影響で英国ローラ・アシュレイが経営破たん

新型コロナの影響で英国ローラ・アシュレイが経営破たん

英国の生活雑貨・衣料ブランドのローラ・アシュレイ(Laura Ashley)が3月17日、経営破たんした。国内で2020年8月をめどにアパレル大手のワールドが運営店舗を出店する予定だった。国内事業は予定通り出店する見込み。

記事を読む
日韓関係悪化で「ユニクロ」も営業減益に 半面韓国企業の買収には増加の兆しも

日韓関係悪化で「ユニクロ」も営業減益に 半面韓国企業の買収には増加の兆しも

アパレルブランド「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの2020年8月期の営業利益が、韓国での不買運動などの影響で2016年8月期以来4期ぶりに減益に陥る。2020年の日韓関係はどのような方向に進むのだろうか。

記事を読む
アパレル関連小売業者の倒産が増加 負債の大型化も

アパレル関連小売業者の倒産が増加 負債の大型化も

アパレル小売業の倒産が増加している。2019年1-10月累計の倒産は199件(前年同期比14.3%増)。倒産の原因は業績不振が大半を占めており、負債の大型化も顕著となった。

記事を読む
LVMHがティファニーへ買収提案 仲介はブルガリ?

LVMHがティファニーへ買収提案 仲介はブルガリ?

LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン​が米宝飾品大手のティファニーに買収を提案したと報じられた。買収提示額はおよそ145億ドル(約1兆5800億円)。ニューヨーク株式市場はすでに買収提示額の1株120ドルを突破し、130ドルに迫る勢い。

記事を読む
「ワールド」が企業買収を活発化 わずか7カ月で4社を傘下に

「ワールド」が企業買収を活発化 わずか7カ月で4社を傘下に

​2018年9月に再上場した総合アパレル大手のワールドが企業買収を活発化させている。再上場後に適時開示した買収案件は3件、このほかにも1社を子会社化しており、買収企業数は4社に上る。

記事を読む
高級ブランド総代理店の草分け「サンモトヤマ」が自己破産

高級ブランド総代理店の草分け「サンモトヤマ」が自己破産

サンモトヤマが10月1日、破産開始決定を受けた。負債総額は債権者約700名に対して9億7150万円。​かつては「GUCCI」の国内独占販売権を持ち、「HERMES」とはフランチャイズ契約を結ぶなど、セレクトショップの草分け的存在であった。

記事を読む