こんにちは、マーケットアナリストの巽 震二(たつみ しんじ)です。今回から四半期ごとに「国内株式TOBマーケットレビュー」を連載させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

巽 震二のTOB注目銘柄

今回は、連結グループ会社の組織再編型TOBに注目したいと思います。
特に、総合商社は積極的に事業投資の見直しを行いますので、総合商社子会社などは期待できると思います。

図表1 注目したい総合商社子会社銘柄
親会社上場子会社
8001 伊藤忠商事8133 伊藤忠エネクス
4739 伊藤忠テクノソリューションズ
3754 エキサイト
9422 コネクシオ
8053 住友商事9719 SCSK
3738 ティーガイア
8058 三菱商事2003 日東富士製粉
2393 日本ケアサプライ
2892 日本食品化工
7895 中央化学
7451 三菱食品

(※筆者作成)

国内株式TOBの概況 親子上場の解消がすすむ

2016年第二四半期に公表された国内株式を対象とするTOBは11件でした。
直前四半期の公表件数は9件でしたので、2件の増加、前年同期の公表件数は10件でしたので、1件の増加となります。
国内株式を対象とするTOBの件数は、おおむね横ばいで落ち着いた推移をたどっているといえるでしょう。

11件のうち、6件が親子上場会社における親会社が上場子会社に対して実施したもので、2件が持分法適用関係会社に対して実施したものでした。
コーポレートガバナンスの強化の流れで親子上場の問題が指摘されて久しく、親子上場の解消に取り組む動きは着実に継続中と考えられます。