menu
Social media

巽震二のTOB注目銘柄 連結グループ会社の組織再編型TOB

Cover 8aa250c8 dbde 4d84 86cd b930568d3bdd

こんにちは、マーケットアナリストの巽 震二(たつみ しんじ)です。
今回から四半期ごとに国内株式TOBマーケットレビューを連載させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

巽 震二のTOB注目銘柄

今回は、連結グループ会社の組織再編型TOBに注目したいと思います。
特に、総合商社は積極的に事業投資の見直しを行いますので、総合商社子会社などは期待できると思います。

図表1 注目したい総合商社子会社銘柄
親会社上場子会社
8001 伊藤忠商事8133 伊藤忠エネクス
4739 伊藤忠テクノソリューションズ
3754 エキサイト
9422 コネクシオ
8053 住友商事9719 SCSK
3738 ティーガイア
8058 三菱商事2003 日東富士製粉
2393 日本ケアサプライ
2892 日本食品化工
7895 中央化学
7451 三菱食品

(※筆者作成)

国内株式TOBの概況 親子上場の解消がすすむ

2016年第二四半期に公表された国内株式を対象とするTOBは11件でした。
直前四半期の公表件数は9件でしたので、2件の増加、前年同期の公表件数は10件でしたので、1件の増加となります。
国内株式を対象とするTOBの件数は、おおむね横ばいで落ち着いた推移をたどっているといえるでしょう。

11件のうち、6件が親子上場会社における親会社が上場子会社に対して実施したもので、2件が持分法適用関係会社に対して実施したものでした。
コーポレートガバナンスの強化の流れで親子上場の問題が指摘されて久しく、親子上場の解消に取り組む動きは着実に継続中と考えられます。

株式公開買付(TOB)・MBO

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

関連のM&Aニュース

三菱商事<8058>、三菱自動車をTOBで持分法適用会社化

ポケットカード<8519>、伊藤忠商事<8001>及びユニー・ファミリーマートホールディングス<8028>完全子会社による公開買付に賛同の意見を表明

伊藤忠商事、ヤナセを公開買付けにより子会社化

住友商事<8053>、住友精密工業<6355>を持分法適用会社化

三菱商事<8058>、ローソン<2651>に対する公開買付け開始へ

三菱商事<8058>、天然ガスの開発・生産子会社を売却

三菱商事<8058>、ローソン<2651>を公開買付けにより1440億円で連結子会社化へ

ジーンズメイト<7448>、「OUTDOOR PRODUCTS」ブランド事業の譲受及び独占フランチャイズ契約を承継

魚力<7596>、子会社の米国鮮魚卸会社を伊藤忠商事<8001>に譲渡

日本特殊陶業<5334>、日本エム・ディ・エムを伊藤忠商事から買収

伊藤忠商事<8001>、CITICグループ、タイ大手グループ企業と資本業務提携。

伊藤忠商事<8001>、連結子会社を通じ大阪第一食糧の株式を公開買付けへ。

伊藤忠<8001>、タイ大手グループ企業と資本業務提携。

三菱商事<8058>、米久<2290>の株式に対する公開買付けが終了。

三菱商事<8058>、米久<2290>の株式に対する公開買付を開始。

住友商事<8053>及びKDDI<9433>、ジュピターテレコム<4817>の株券等に対する公開買付を開始。

三菱商事<8058>、純金・プラチナ積立事業を田中貴金属工業に譲渡。

三菱デベロップメント、鉄鉱石権益を取得。

三菱商事<8058>、チリ国銅鉱山・製錬所運営会社の株式を取得。

三菱商事<8058>、中央化学<7895>の株式に対する公開買付を開始。

伊藤忠商事<8001>、南アフリカ共和国での白金族金属探鉱・開発案件に投資

ユニ・チャーム<8113>と住友商事<8053>米国ペットケア事業で業務資本提携

住友商事<8053>住商情報システム<9719>によるCSK<9737>に対する公開買付が終了

伊藤忠商事<8001>及び伊藤忠欧州、Kwik-Fitの全株式を取得

住友商事<8053>及び住商情報システム<9719>、CSKの普通株式等に対する公開買付を開始

伊藤忠商事<8001>、日本アクセスの株券に対する公開買付が終了

住友商事<8053>によるジュピターテレコム<4817>株券に対する公開買付けが終了

住友商事<8053>、ジュピターテレコム<4817>株式の公開買付を開始

NEXT STORY

【住友商事】資源ビジネスの低迷と、今後の持続的成長を左右する事業会社へのM&A

【住友商事】資源ビジネスの低迷と、今後の持続的成長を左右する事業会社へのM&A

トレードを中心とするビジネスから事業投資へビジネスを変革させてきた総合商社。住友グループの総合商社である住友商事も非常に多く事業会社に対して投資を行っている。米国タイヤ事業、リース事業、ケーブルテレビ事業、SCSKのキーワードから住友商事のM&Aを含む投資戦略を見てみる。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344