昭和シェルと出光の株式交換比率は|巽震二の国内株式TOBマーケットレビュー(9)

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

日経平均株価は4月から6月まで戻り高局面となっているものの、7月以降は高値持ち合い圏で方向感がなく、依然として企業の投資意欲は低調気味に推移する可能性があると考えられます。

前四半期から引き続き、事業会社による積極的な事業拡張を目的としたTOBは低調となる可能性が高く、株価が6か月以上低迷しているような企業のMBO・バイアウトなどは活性化する可能性があります。

それでは早速、TOB注目銘柄を見てみましょう...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

株式の非上場化

花房幸範​
| 2017/10/3
2017.10.03

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5