新型コロナの「重症化」「後遺症」に朗報 塩野義、聖マリアンナが発表

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
倦怠感などの後遺症に悩む患者は少なくない(写真はイメージです)

新型コロナウイルス感染者の重症化リスクの判定や、後遺症の見守りが行えるようになった。

大手製薬会社の塩野義製薬<4507>は、検査機器メーカーのシスメックス<6869>と共同開発したキット「HISCL TARC試薬」が、新型コロナウイルス陽性者の重症化リスクの判定補助を使用目的とする適応追加承認を取得したと発表した。

新型コロナウイルスの発症初期から重症化リスクを判別することにより、リスクの高い患者を入院させ、リスクの低い患者を宿泊療養や自宅療養とするなどの判断が容易になる...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY