トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >元気寿司が天ぷら事業に参入「揚げ立て」にこだわる専門店とは

元気寿司が天ぷら事業に参入「揚げ立て」にこだわる専門店とは

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
写真はイメージです

すしチェーン店運営の元気寿司<9828>が、天ぷら専門店事業に参入する。2021年夏に東京都内に1号店を、2022年3月までに3店舗を出店する。

来店客の目の前で揚げ、揚げ立てを提供するスタイルで、ランチ、ディナーの両シーンで利用できるメニュー、空間、サービスを提供するという。

同社はコロナ後を見据え、本業のすしチェーン店の出店を加速するとともに、テイクアウトやデリバリーを強化し、海外についても250店舗体制(2021年3月末時点で192店舗)を目指す計画だ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY