大塚家具、ヤマダホールディングスが完全子会社化 21年8月に上場廃止へ

alt
東京・新宿

公開日付:2021.06.09

 (株)大塚家具(TSR企業コード:291542085、江東区、JASDAQ)は、株式交換の方式で(株)ヤマダホールディングス(TSR企業コード:270114270、高崎市、東証1部)の完全子会社となり、2021年8月30日に上場廃止を予定していると6月9日に発表した。1980年6月に店頭登録後、40年以上上場を続けていた。
 大塚家具は2019年12月、ヤマダデンキなどの持株会社のヤマダHDの傘下に入り、経営再建を進めていた。2020年12月、大塚久美子前社長が辞任し、以降はヤマダHDの社長の三嶋恒夫氏が大塚家具の会長兼社長も務めている。
 2021年4月期(非連結)の業績は、売上高277億9900万円(前期348億5500万円)、営業利益20億7300万円の赤字(前期76億1100万円の赤字)、最終利益23億7100万円の赤字(同77億1800万円の赤字)だった。赤字幅は大幅に縮小したが、2016年12月期から5期連続の赤字と苦戦が続く。2022年4月期の業績予想は上場廃止の見込みのため発表を控えた。
 大塚家具は、ヤマダデンキの店舗での家具販売に加え、大塚家具の店舗で家電を販売するなど、領域が広がり相乗効果が出ている。ヤマダHDは大塚家具の完全子会社化で、機動的な意思決定を可能にできるとし、大塚家具の経営再建のスピードを早める狙いだ。

ヤマダHDの完全子会社となる大塚家具
ヤマダHDの完全子会社となる大塚家具(TSR撮影)©東京商工リサーチ

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

事業承継の羅針盤|編集部おすすめの1冊

事業承継の羅針盤|編集部おすすめの1冊

2020/12/21

未上場会社の事業承継を成功に導くための指南書というのが本書の位置づけで、事業承継の成功事例と失敗事例を数多く紹介してある。

関連のM&Aニュース