M&A速報

三菱製紙<3864>、巴川製紙所<3878>から米インクジェット紙加工会社を取得

2008/03/31

三菱製紙は、巴川製紙所の子会社でインクジェット用紙仕上げ加工業を展開する米国Tomoegawa Paper America LLC(イリノイ州。売上高7億6200円、純資産2億9300万円)の株式80%を取得し、子会社化することを決議した。

三菱製紙は、デジタル媒体出力用の写真感光材料やインクジェット用紙を主力とする。北米や中南米における写真用インクジェット用紙の生産は今後も需要拡大が予想されている。そのため、三菱製紙は、仕上げ加工拠点としてTomoegawa Paper Americaを確保することで、コスト競争力の強化と北米・中南米市場での拡販を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2008年4月11日。

M&Aデータベース

関連の記事

"戌(いぬ)年”の法人は全国で17万155社

"戌(いぬ)年”の法人は全国で17万155社

2017/12/03

2018年の干支は戌(いぬ)。全国の法人270万社のうち、戌年の設立法人は17万155社あることがわかった。最も古い企業は1886年(明治19年)創業の外装・床タイル製造の陶榮(愛知県)と、琶湖遊覧などを手掛ける琵琶湖汽船(滋賀県)の2社。他には日本ペイント、三菱製紙、森永製菓、富士フイルム、ソニー、カシオ計算機、京セラ、吉野家、三菱自動車工業、日本郵政などだ。

M&A速報検索

クリア