menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【新日鐵住金】買収防衛きっかけに統合 合理化で体質強化、攻めのM&Aへ

Cover 6233dd97 ebba 4265 beaa 3b5fafd156d8
画像はイメージです

新日鐵住金<5401>がM&Aによる規模拡大の機会をにらみながら、高付加価値の鋼材とコスト競争力に磨きをかけている。2012年10月の新日本製鉄・住友金属工業の統合後、合理化効果は年1,400億円を超える。海外勢が市況不況に苦戦する中、トヨタ自動車など優良な顧客を持ち、円安が中国製の安価な鋼材の国内流入に歯止めをかけていることも有利に働いている。2017年2月には日新製鋼の子会社化を目的にTOB株式公開買付け)も開始。競争力の強化とさらなる規模拡大を狙う。

【企業概要】世界2位の鉄鋼メーカー

 新日鐵住金は、製鉄事業を中心に、エンジニアリング事業、化学事業、新素材事業、システムソリューション事業など幅広い事業を世界で展開している。特に主力の製鉄事業は、厚板や薄板、棒鋼・線材、建材、鋼管、交通産機品など、高い技術力と規模を誇る。グループ各社が製鉄事業で培った技術力を発揮することでグループ総合力NO.1を目標に掲げる。

 同社は戦前、官営八幡製鉄所として1901年に操業開始し、1950年に八幡製鉄株式会社が発足された。そして、1970年に八幡製鐵と富士製鐵が合併し、商号を新日本製鉄に変更。さらにその後、2012年(平成24年)に住友金属工業と合併し商号を新日鐵住金株式会社に変更し現在に至る(出所:新日鐵住金HP「歴史・沿革」より)。

 国内の鉄鋼メーカーでは、2002年に日本鋼管と川崎製鉄が統合しJFEスチールが誕生している。同社の統合は、高炉の統廃合や経営の効率化、規模の拡大、存在感や競争力を向上させ、様々な場面で優位性を確保するという目的によるものである。新日鐵住金も同様の目的で2012年に統合したが、JFEスチールと異なっていた点は、合併した企業同士の得意分野が異なっており、お互いの得意分野を活かす事でシナジー効果を生み出そうとした点である。その結果、統合後のJFEスチールが積極的な戦略を打ち出せないのに対し、同社は業績を拡大し、世界トップのアルセロール・ミタルに次ぐ世界2 位(2016年現在)の巨大鉄鋼メーカーとなっている。

 同社グループは、2016年3月期において売上高約4兆9千億円、営業利益約1670億円、従業員数84,837人、連結子会社339社並びに103社の持分法適用関連会社で構成(出所:新日鐵住金HP「決算短信」より)されている。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【青山商事】脱「スーツ依存」へM&A 靴・かばん修理を新たな収益源に

【青山商事】脱「スーツ依存」へM&A 靴・かばん修理を新たな収益源に

「洋服の青山」で知られる紳士服業界首位の青山商事はスーツの市場縮小に対応して、M&Aを積極化している。2015年に靴やかばんの修理店「ミスターミニット」の運営企業を買収。スーツ以外の新たな収益源を育てる考えだ。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333