大学発ベンチャーの「起源」(64) Chordia Therapeutics

alt

Chordia Therapeutics(コーディア セラピューティクス、神奈川県藤沢市)は、京都大学発のがん領域に特化した研究開発型バイオベンチャー。武田薬品工業<4502>が研究体制を再編するのに伴い、6人の元同社研究者によって2017年10月に設立された。設立と同時に武田薬品と複数のベンチャーキャピタルから第三者割当て増資による成功している。

武田薬品からスピンオフ、京大と共同研究へ

武田薬品から CDC様キナーゼ阻害薬をはじめとする複数の前臨床アセット(資産)を引き継いだ。臨床向けの開発や抗がん剤候補の前臨床試験に取り組むため、京大院医学研究科腫瘍生物学講座の小川誠司教授との共同研究体制がスタートした。2018年には森下大輔チーフサイエンスオフィサー(CSO)が同研究科次世代腫瘍分子創薬講座の准教授に就任している。

2018年11月に第1段階の治験がスタートしたCLK阻害薬「CTX-712」は、DNAの遺伝情報がmRNAに転写される際に余分なものを切り離して再度つなぎ合わされる「スプライシング」を変化させることによって、がん細胞を死滅させる技術で注目されている。

同薬は二つの遺伝子が同時に抑制されたときに細胞死が起こる「合成致死性」を利用した低分子抗がん剤で、がん細胞だけを確実に死滅させることで高い治療効果に加えて副作用の低減が期待されている。

2022年8月にはMALT1阻害薬「CTX-177(ONO-7018)」のライセンス供与先である 小野薬品工業<4528>が、米国で再発・難治性の非ホジキンリンパ腫や慢性リンパ性白血病の患者を対象にした第1相臨床試験を始めた。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(57)  京都フュージョニアリング

大学発ベンチャーの「起源」(57)  京都フュージョニアリング

2022-05-21

京都フュージョニアリング(京都府宇治市)は2019年10月に創業した京大発の新エネルギーベンチャー。「究極のエネルギー」とされる核融合発電の実現に向け、研究開発を進めている。核融合で出る中性子からエネルギーを回収するブランケットを開発中だ。

関連のM&A速報