大学発ベンチャーの「起源」(60)  HIEN Aero Technologies

alt

HIEN Aero Technologies(東京都小金井市)は法政大学発の有人ドローンベンチャー。いわゆる「空飛ぶクルマ」の開発に取り組んでいる。正式には電動垂直離着陸機(eVTOL)と呼ばれる超小型航空機で、世界中で開発合戦が繰り広げられている。

大学挙げて「空飛ぶクルマ」を開発

同社の御法川学社長は同大理工学部機械工学科教授で、道路交通の限界を克服するためパーソナルエアモビリティ(立体的に空間を自由に行き来する乗り物)の研究を進めている法政大学大学院アーバンエアモビリティ研究所(HUAM)の所長でもある。

「空飛ぶクルマ」の実現にはさまざまな課題が山積しているが、最も大きな問題は航続距離。バッテリーの高性能化で無人ドローンの航続距離は伸びているが、有人ドローンとなると重量がはるかに重いため最大でも30分程度しか飛行できない。

経済産業省・国土交通省が合同で設立した「空の移動革命に向けた官民協議会」の想定では「空飛ぶクルマ」の想定仕様は機体重量150~500kgで乗員数は1~2人、飛行速度は時速100~150km、航続距離は30~70kmを見込んでいる。

NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(59)  ウィック・バイオテック・ファーマ

大学発ベンチャーの「起源」(59)  ウィック・バイオテック・ファーマ

2022/06/18

ウィック・バイオテック・ファーマ(鹿児島市)は、鹿児島大学発の創薬ベンチャー。がんを標的治療するウイルス医薬の開発と遺伝子治療の基盤技術を確立するため、小戝健一郎同大医歯学総合研究科教授をはじめとする研究者たちが2010年4月に設立した。