大学発ベンチャーの「起源」(37) アムノス

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

経済産業省がまとめた2020年度の「大学発ベンチャー設立状況調査」によると、都道府県別では富山県が3社と最小だった。同県は2014年度から7年連続で全国最下位に甘んじている。だが設立社数は少ないものの、ハイレベルな企業も存在する。富山大学発ベンチャーのアムノス(富山県朝日町)も、その一つだ。

組織再生能力を損ねない乾燥技術で差別化

アムノスは2014年1月、富山大学の二階堂敏雄教授らの研究に基づいた胎児由来のハイパードライ(HD)羊膜の事業化を目的に設立された...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5