大学発ベンチャーの「起源」(32) メロディ・インターナショナル

alt

メロディ・インターナショナル(高松市)は香川大学発のIoT(モノのインターネット)を利用した医療支援ベンチャー。2015年7月、同社顧問で胎児の状況を監視する「ドップラー分娩監視装置」を開発した原量宏香川大瀬戸内圏研究センター特任教授の研究成果をベースに起業した。

産院不足とコロナ感染に有効な分娩監視装置

ドップラー分娩監視とは超音波で胎児の心拍を測定し、妊婦健診や分娩監視で利用されている。だが、既存の監視装置は据置型で場所を取るため、測定できる場所が病院などに限られた。

同社はこの装置を小型化した上で、スマートフォンなどのモバイル通信機器と組み合わせ、いつでもどこでも遠隔で胎児の状態をモニタリングできる「分娩監視装置iCTG」を開発し、2019年に医療機器として発売した。

スマホやタブレット経由で胎児と妊婦の状況を遠隔監視する(同社ニュースリリースより)

国内では産科医院が減少し、産院過疎地では健診のために遠くまで通院しなければならないケースもあり、妊婦の負担となっている。半面、高齢出産が増えて出産のリスクも高まっており、胎児や妊婦のきめ細かいケアが求められている。

さらには新型コロナウイルス感染症の流行拡大で、通院時の感染も心配だ。こうした課題を解決するには周産期における遠隔医療体制が必要で、その手段となる同社の技術が注目されている。

NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(31) サイバーコア

大学発ベンチャーの「起源」(31) サイバーコア

2021/04/24

サイバーコア(盛岡市)は画像処理や画像認識、人工知能(AI)の研究開発成果を社会に実装する岩手大学発のベンチャー企業で、2007年に創業した。