大学発ベンチャーの「起源」(55)  レラテック

alt

レラテック(神戸市)は神戸大学発の気象観測ベンチャー。立ち上げたのは、環境コンサルタント会社で主に再生可能エネルギーについてのコンサルティング業務に当たっていた小長谷瑞木社長。小長谷社長は2016年に神戸大大学院博士課程に進学。在職中や在学中に得た技術と人脈を活用して、風力発電所向けの風況調査に特化したコンサルティング事業へ参入するため、2020年11月に設立した。

社会人から大学院へ進学し、大学発ベンチャーを立ち上げた小長谷社長(同社ホームページより)

高度で専門的な知識と技術が必要な洋上風力発電

設立当時は洋上風力発電の市場がいよいよ動き出すというタイミングで、民間企業や官公庁、自治体を専門的にサポートする受け皿が必要とされていたという。

その技術的な裏付けとなったのが、同社技術顧問を兼任する大澤輝夫神戸大教授の研究。大澤教授の最先端の研究や調査のノウハウを、いち早く民間の風力発電事業に提供できるのが同社の強みだ。

受注の大半は風力発電事業者からの風況調査で、8〜9割は民間企業という。風力発電事業の経験がない電力会社や商社が多数参入し、「洋上風力発電事業のやり方がよく分からない」といった問い合わせも多いという。

洋上風力発電事業には「なるべく強い風が吹く場所に風車を建てること」と「どこにどれくらいの風が吹いているのかを正確に把握すること」が重要で、陸上風力発電よりも高度で専門的な知識や技術が必要になるという。

NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(54)  CROSS SYNC

大学発ベンチャーの「起源」(54)  CROSS SYNC

2022/04/09

CROSS SYNCは横浜市立大学発の医療ベンチャー。同大医学部出身で同大附属病院集中治療部部長の髙木俊介准教授が設立した。緊急医療現場の情報をAIを利用して分析し、重症患者の治療で情報共有する重症患者管理システム「iBSEN」を開発した。

関連のM&A速報