大学発ベンチャーの「起源」(56)  TRUST SMITH

alt
AIとロボティクス技術の両輪で産業界の課題解決を目指すTRUST SMITH(同社ニュースリリースより)

TRUST SMITH(東京都文京区)は、東京大学発のAI(人工知能)・ロボティクスベンチャー。東大で機械工学の研究をしていた大澤琢真社長が、2019年1月に設立した。数理アルゴリズムに基づく最先端のテクノロジーを駆使して、製造・物流業の課題解決に取り組んでいる。

生産現場で実証された高いロボティクス技術

経済学の開祖から名前をとった「ADAM SMITH」は、東大理学部物理学科出身で現在は京都大学基礎物理学研究所の高柳研究室に在籍する研究者が開発した。センサーで障害物を自動検知し、衝突を回避しながら目的物まで到達するアームロボット。同社が開発した3次元オブジェクト認識の技術で目的物を分別し、ピックアップ作業まで一貫して対応できる。

「Kaghelo」はロボットが前後左右や路面の凹凸、段差などを検知して、目的とする場所まで自律走行で移動する搬送ロボット。作業者が荷物を積載するとロボットが自動で運搬してくれるため、搬送作業の生産性を向上する。

環境協調型フォークリフトの「YOKOHAMA RUNNER」は、他の機材や動く物体を自動回避しながら目的地まで走行し、荷物をピックアップした後に所定の位置まで戻る。自律走行機能や、目的地までの経路を自動設定するマッピング機能、障害物回避機能を搭載し、重量物も運搬できるという。

NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(55)  レラテック

大学発ベンチャーの「起源」(55)  レラテック

2022/04/23

レラテックは神戸大学発の気象観測ベンチャー。立ち上げた小長谷社長は、社会人から神戸大大学院博士課程へ進学。在職中や在学中に得た技術と人脈を活用して、風力発電向けの風況調査に特化したコンサルティング事業を行うため、2020年11月に設立した。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5