王子ホールディングス<3861>が海外企業のM&Aに力を入れている。2010年以降の買収企業は主なものだけでも7件に達する。こうしたM&Aに伴い海外売上高比率は徐々に高まっており、2010年ごろに5%程度だったのが現在は30%ほどにまでになった。

2018年5月の決算発表では、海外事業について「M&Aなどによる新規拠点の獲得を進める」との方針を示した。さらに王子ホールディングスの矢嶋進社長はマスコミのインタビューに「海外売上高比率を5割に高めたい」と語っており、ベトナムやインドネシア、インドなどの市場開拓に積極的に取り組む姿勢を鮮明にしている。

クロスボーダー(海外企業のM&A)が同社の当面のキーワードになりそうだ。

洋紙産業の草分け

王子ホールディングスは1873年に渋沢栄一が「抄紙会社」を設立したのが始まり。同時にこれは日本の洋紙産業の始まりも意味する。2年後の1875年に東京府下王子村に工場を完成し、破布を原料に抄造(原料をすいて作る製紙法)を始めた。

1893年に創業の地である王子村から名前を取り、商号を「王子製紙」に改称。1933年には富士製紙、樺太工業を合併し、洋紙生産のシェアは80%にまで高まった。

1949年には過度経済力集中排除法により苫小牧製紙(後に王子製紙)、本州製紙、十條製紙(後に日本製紙)の3社に分割された。

その後、北日本製紙、日本パルプ工業、東洋パルプを合併し、企業規模を拡大していった。1993年には高級紙に強い神崎製紙と合併し、1996年に板紙に強い本州製紙と合併。さらに2004年には段ボール業界第3位だった森紙業グループ各社を傘下に収め、現在の体制を整えた。

そして2010年からはクロスボーダーに大きく舵を切った。当時は洋紙の需要が減少し、国内での競争が激しくなっていた時期で、海外に活路を求めてのチャレンジだった。

沿革と主なM&A
1873渋沢栄一により「抄紙会社」設立、日本の洋紙産業の始まり
1875東京府下王子村に工場完成、破布を原料に抄造開始
1876商号を「製紙会社」と変更
1893創業地の名を冠し、商号を「王子製紙」と改称
1933富士製紙、樺太工業を合併、全国洋紙生産高の80%を生産
1949苫小牧製紙(後に王子製紙)、本州製紙、十條製紙(後に日本製紙)3社に分割
1960商号を「王子製紙株式会社」と変更
1970北日本製紙株式会社と合併
1979日本パルプ工業株式会社と合併
1989東洋パルプ株式会社と合併
1993神崎製紙株式会社と合併し、商号を「新王子製紙」に変更
1996本州製紙株式会社と合併し、商号を「王子製紙」に変更
2004段ボール業界第3位(生産量)の森紙業グループ各社の株式を取得
2010マレーシアの板紙・段ボールメーカーの持ち株会社Paperbox Holdings Ltd. の株式を取得
2011マレーシアの段ボール製造販売大手の持株会社であるHPI Resources Bhd.の株式を取得
2012ブラジルの市販パルプメーカーの持ち株会社日伯紙パルプ資源開発の株式を取得
2012純粋持株会社制に移行し、商号を「王子ホールディングス株式会社」と変更
2014パルプや板紙を手がけるニュージーランドのCarter Holt Harvey Pulp and Paper Ltdと関係会社の株式を取得
2016マレーシアの段ボールメーカーDazun社を買収
2016マレーシアの感熱紙・ノーカーボン紙加工・印刷会社TP社を買収
2017オーストラリアCardboard Cartons Pty Ltd社の段ボール加工事業を買収