日本梱包運輸倉庫は、運送業のイトー急行(愛知県瀬戸市。売上高58億6000万円、営業利益△1億3600万円、純資産42億5000万円)の株式59.9%を取得し、子会社化することを決議した。

イトー急行は、中部地区を中心に運送業・倉庫業を営んでいる。

日本梱包運輸倉庫はイトー急行を取り込むことで、事業基盤の強化を図るほか、互いに有する業務運営等のノウハウやサービス網の活用により、顧客への広範囲な物流サービスの提供を見込む。

取得価額は非公表。取得予定日は2014年1月30日。