2018年、日本のスポーツ界に1人のスーパースターが現れた。テニス4大タイトルの一つ全米オープン女子シングルスで、大坂なおみ選手が優勝を果たしたのだ。全米オープンの国内独占放送権を持つ衛星テレビ局のWOWOWは、2018年9月の新規加入件数が前年同月比2.2倍の10万6495件となった。

大手広告代理店では「契約しているウエアや用具、スポンサーの売り上げには上がる。大坂選手の活躍でテニスを始める人が増えるなどの波及効果も合わせれば、経済効果は少なくとも200億円、うまくいけば400億円に達する」とみている。最も大きな「恩恵」を受けるとみられているのは、大坂選手にラケットなどの用具を提供しているヨネックス<7906>だ。

10年かけて仕掛けた「大坂なおみ」効果

大坂選手はラケットの「EZONE98」や、ストリングの「POLYTOUR PRO 125」「REXIS 130」といったヨネックス製品を全米オープンで使用した。実はこの「大坂効果」、たまたま運よくではなく、10年もの長期間にわたって同社が仕掛けてきたものだという。

ヨネックスが10年をかけて支援してきた大坂なおみ選手(同社ホームページより)

ヨネックスは10年ほど前から世界の有望なジュニア選手たちに用具供給などのを支援してきた。大坂選手もその1人で、契約したのは彼女がまだ小学生だった2008年のこと。背景には製品PRには最適な世界のトッププレーヤーとの契約金が高騰したうえ、ブランド力のある欧米大手メーカーとの争奪戦も厳しい。そこで、将来有望な若手選手を囲い込むことにしたのだ。

いわば先物買いの「選手M&A」だ。ヨネックスの企業を対象にしたM&Aも、有名企業を高額で買収するのではなく、将来を見越して早い段階で囲い込む手法を採っている。「賢いM&Aプレーヤー」といえるだろう。