食料品の記事一覧

「吉野家」「イオン」に回復の兆し 業績上方修正企業が続々

「吉野家」「イオン」に回復の兆し 業績上方修正企業が続々

コロナ禍の中、牛丼チェーンの吉野家ホールディングスと、小売業最大手のイオンに業績回復の兆しが現れてきた。緊急事態宣言の対象エリアが広がる中、吉野家とイオンの状況はどうなるのか。

記事を読む
上場を延期してSBI傘下に入ったレオス・キャピタルワークスとは

上場を延期してSBI傘下に入ったレオス・キャピタルワークスとは

レオス・キャピタルワークスは、2003年に設立された資産運用会社。国内の中小型株に投資をする「ひふみ投信」は、個人投資家の間で熱狂的なファンを抱えています。2018年12月に上場予定でしたが、突如として延期したことで一躍その名を広めました。

記事を読む
4年ぶりの増収増益の可能性「ブルドックソース」がコロナ禍を逆手に

4年ぶりの増収増益の可能性「ブルドックソース」がコロナ禍を逆手に

ブルドックソースが好調だ。2021年3月期上半期の営業利益が前年度比48.4%もの増益となったほか、経常利益が同31.8%増、当期利益が同40.1%増といずれも大幅な増益を達成した

記事を読む
「クスリのアオキ」は、なぜ食品スーパーの買収に動くのか

「クスリのアオキ」は、なぜ食品スーパーの買収に動くのか

クスリのアオキホールディングスがコロナ禍の中、食品スーパーの買収を活発化させている。同社は2006年に東京証券取引所に上場して以来、適時開示したM&Aは1件もなかっただけに、大きな方向転換となる。

記事を読む
「コロナ不況」にもかかわらず希望退職に申し込みが殺到する理由

「コロナ不況」にもかかわらず希望退職に申し込みが殺到する理由

新型コロナ禍に伴う景気低迷で、希望退職の募集が相次いでいる。景気が悪くなれば企業が希望退職を募るのは当たり前だが、事前想定を大きく上回る応募者が殺到する事例が目立つ。かつては従業員を震え上がらせた希望退職に、なぜ応募が殺到するのだろうか?

記事を読む
成城石井をローソンに売却した投資ファンド・丸の内キャピタルとは

成城石井をローソンに売却した投資ファンド・丸の内キャピタルとは

丸の内キャピタルは、2008年に三菱商事とMUFGが共同で出資して設立した投資ファンドです。日本国内で絶大な信用力を持つ2社のネットワークに支えられ、タカラトミーやジョイフル本田、成城石井など名だたる企業に多数投資をしてきました。

記事を読む
新型コロナ禍をチャンスに変える「クックパッド」などが攻勢に ドライブスルー八百屋も全国展開

新型コロナ禍をチャンスに変える「クックパッド」などが攻勢に ドライブスルー八百屋も全国展開

​新型コロナウイルス感染拡大による厳しい環境をチャンスと捉え積極策を打ち出す企業が現れてきた。新型コロナウイルス終息後に、大きく成長できるのはこうした企業なのだろうか。

記事を読む
「新型コロナ感染拡大」にもかかわらず、自転車業界が好調な理由

「新型コロナ感染拡大」にもかかわらず、自転車業界が好調な理由

新型コロナウイルス感染症の拡大で日本経済の深刻な落ち込みが懸念されるが、一方で好調な業界がある。自転車業界がそれ。マスクや医薬品などの「コロナ関連」ならばともかく、無関係としか思えない自転車業界が、なぜ消費の逆風下にもかかわらず好調なのか?

記事を読む
【会計コラム】テレワークと経理業務

【会計コラム】テレワークと経理業務

新型コロナ以前から、昨今の働き方多様化の一環としてもテレワークが推進されています。今回は、最近特に話題となっている在宅勤務と経理業務について考えてみたいと思います。

記事を読む
【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

2020年3月のM&A件数は前年同月を4件上回る86件となり、3月として09年(88件)以来11年ぶりの高水準を記録した。国内でも新型コロナウイルスの影響が広がる中、M&A市場への波及も懸念されていたが、数字上はひとまず先送りされた格好だ。

記事を読む
新型コロナを予見した映画『コンテイジョン』から学ぶこと

新型コロナを予見した映画『コンテイジョン』から学ぶこと

スティーブン・ソダーバーグ監督の映画『コンテイジョン』が注目を集めている。未知のウイルスによる感染症がアメリカで発生し、蔓延していくストーリーで、2011年公開当時のキャッチコピーは「恐怖はウイルスより早く感染する」だった。

記事を読む
【ニチモウ】事業分割とM&Aで「100 年成長」の水産商社

【ニチモウ】事業分割とM&Aで「100 年成長」の水産商社

ニチモウは「浜から食卓まで」をカバーする水産専門商社として、2019年に会社設立100周年を迎えた水産専門商社だ。社名の由来となった漁網などの海洋事業をはじめ、幅広い事業を展開。そうした多種多様の事業は、同社が事業分割とM&Aで育ててきた。

記事を読む
【ブルドックソース】14年ぶりのM&A、広島のお好み焼ソースメーカーを傘下に

【ブルドックソース】14年ぶりのM&A、広島のお好み焼ソースメーカーを傘下に

日本の食に欠かせない調味料の一つがソース。嗜好の多様化や人口減少などを背景に市場の成熟化とともに、競争が一段と激化している。こうした中、業界のトップブランド、ブルドックソースが14年ぶりというM&Aを繰り出した。

記事を読む
ポテトチップスの「カルビー」が海外企業の買収を積極化するのはなぜなのか

ポテトチップスの「カルビー」が海外企業の買収を積極化するのはなぜなのか

カルビーが海外企業の買収を積極化している。2018年に英国企業を、2019年に米国企業を傘下に収め、わずか1年ほどの間に海外企業の買収が2件に達した。この背景には何があるのか。

記事を読む
PayPayが消費増税で攻勢 第2弾も予定

PayPayが消費増税で攻勢 第2弾も予定

2019年10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられるのに伴って、PayPay(東京都千代田区)が利用者拡大に向けて攻勢をかけている。安全性の確保や使いすぎの防止などのアピールが利用者拡大のポイントとなるかも。

記事を読む
錦織圭、大坂なおみ両選手を起用する「森永製菓」とは

錦織圭、大坂なおみ両選手を起用する「森永製菓」とは

菓子大手の森永製菓がプロテニスプレーヤーの錦織圭選手を起用した、たんぱく質補給食品「inバープロテイン」のプロモーションを2019年8月27日から始めた。大坂なおみ選手とも広告契約を結んだ森永製菓とは、どのような企業なのか。

記事を読む
【東京新聞】値上げに名乗り、残るは朝日・毎日・産経の対応

【東京新聞】値上げに名乗り、残るは朝日・毎日・産経の対応

東京新聞が値上げに名乗りを上げた。4月から月ぎめ購読料を現在の3343円から357円引き上げて3700円とする。10月の消費税増税を控え、在京大手6紙では1月に読売新聞が25年ぶりの値上げに踏み切った。残るは朝日、毎日、産経の対応だ。

記事を読む
事業承継に必要な許認可手続き4|外国人雇用編

事業承継に必要な許認可手続き4|外国人雇用編

外国人雇用は人手不足解消の切り札として注目されているが、事業承継・M&Aを実施する事業者にとっての注意点はどこにあるのか?入管へ届ける義務の中身、すぐにでも雇いたい企業にとっての審査の壁などへの対応により、思わぬ手間が発生することも

記事を読む
ネット社会のキャッシュレス化

ネット社会のキャッシュレス化

スマホ経済圏では、キャッシュレスの決済手段としてさまざまな電子マネーが乱立していますが、1人のユーザーとして対応できるのも通常は2、3種類が限度ではないかと想定されます。いずれは数種類の電子決済に集約されるかもしれません。

記事を読む
EU離脱秒読みー「出て行く」英国メディアはどう伝えているか?

EU離脱秒読みー「出て行く」英国メディアはどう伝えているか?

EUとの間で合意した離脱案が、1月15日に大差で英議会から否決されたテリーザ・メアリー・メイ​英首相。3月29日のEU離脱を控え、影響が及び始めている国民生活の現状、及び、いまだ不透明な先行きについて英国メディアはどう報じているか整理した。

記事を読む
【2018年M&A】件数トップは10件の「ソフィアHD」 調剤薬局に照準

【2018年M&A】件数トップは10件の「ソフィアHD」 調剤薬局に照準

東証の「適時開示」ベースで、2018年の企業別のM&A(企業・事業の買収または売却)件数ランキングを12月28日時点でまとめたところ、10件を手がけたソフィアホールディングスが最多だった。10件中、買収は9件で、いずれも調剤薬局が対象。

記事を読む
【高島屋】独立独歩の運営 次のM&Aはいつ

【高島屋】独立独歩の運営 次のM&Aはいつ

高島屋が独自路線を強めている。大手の百貨店は2000年に入り経営統合によって4つの大きなグループにまとまった。高島屋は4グループと並ぶ存在として独立独歩の運営を続けている。

記事を読む
預かり資産が100兆円を超える「ウエリントン」ってどんな会社?

預かり資産が100兆円を超える「ウエリントン」ってどんな会社?

ウエリントン・マネージメントは米国の投資運用会社で、世界14カ所に拠点を構え、60カ国2200以上の顧客にサービスを提供している。預かり資産は約1兆ドル(約110兆円)に達する。

記事を読む
「アマゾンエフェクト」で恩恵を受けるアメリカの消費者

「アマゾンエフェクト」で恩恵を受けるアメリカの消費者

「アマゾンエフェクト」と聞くと、競合店が窮地に追いやられるようなイメージがある。が、開拓者精神が根強く残るアメリカでは逆に刺激になっているようだ。米国在住の流通コンサルタントが米小売業界の最新事情をレポートする。

記事を読む
運用資産190兆円の「アムンディ」ってどんな会社

運用資産190兆円の「アムンディ」ってどんな会社

アムンディ・アセット・マネジメントはパリに本社を置く欧州最大の資産運用会社で、2018年6月時点の運用資産は約1兆4660億ユーロ(約190兆円)に達する。

記事を読む