Jトラストは、連結子会社のKCカード(福岡市)が手がける「KCカード」ブランドを中心とした一部の事業をヤフーとソフトバンク・ペイメント・サービス(東京都港区)へ譲渡することを決議した。ヤフーが65.0%を取得し、残り35.0%をソフトバンク・ペイメント・サービスが保有する。同事業を新たに設立する子会社へ吸収分割により承継したうえで同社の全株式を2社に譲渡する。

Jトラストは2011年8月に楽天からKCカードを取得しクレジットカード事業に参入。「KCカード」と「NUCS」の2つのカードブランドを運用してきた。しかし、KCカードの強みであるインターネットと金融を融合したサービスは今後競争の激化が予想されることや、ヤフーのeコマース(電子商取引)決済を中心とした金融事業で相乗効果が期待できることから、ヤフーへ譲渡することに決めた。

譲渡価額は約349億円(2014年6月末日の承継対象となる資産と負債の差額が譲渡価額)。譲渡予定日は2015年1月5日。