M&A速報

実業家の藤澤氏、イッコー<8508>をTOBで子会社化

2008/02/14

実業家でかざかファイナンス(東京都港区)代表取締役の藤澤信義氏は、イッコーの株式をTOB(株式公開買い付け)により取得すると発表した。議決権ベースで60.4%の取得を目指す。イッコーは今回のTOBに賛同の意見を表明しており、TOB成立後も上場を維持する。

企業再生の経験を持つ藤澤氏は経営への参画を目的にTOBを実施する。イッコーは貸金業界が直面する構造的な問題の影響を受け業績が低迷している。藤澤氏は企業再生ノウハウを提供することで主力の不動産担保ローン事業をより資金効率の高い業態に移行し、早期の企業再生を図る。

TOBの買付価格は1株あたり43円。TOB公表前営業日まで1カ月間の対象株式終値の平均値43円と同額とした。TOBの買付予定数1659万1000株(下限は1385万4000株) で、買付予定額は7億1300万円。

公開買付期間は2008年2月15日から2008年3月13日まで。決済の開始日は3月24日。

関連の記事

maneoマーケットの瀧本前代表 NLHDに保有株式を売却

maneoマーケットの瀧本前代表 NLHDに保有株式を売却

2019/09/22

ソーシャルレンディング最大手のmaneoマーケットは9月17日、前代表の瀧本憲治氏が保有していた株式(84.95%)をNLHDに売却することを取締役会で承認したと発表した。同社は金融庁からファンドの虚偽記載などで業務改善命令を受けていた。

【ストックオプション事例研究】Jトラスト新株予約権(有償ストックオプション)の発行

【ストックオプション事例研究】Jトラスト新株予約権(有償ストックオプション)の発行

2016/10/12

今回は、金融・不動産・アミューズメント事業などを行うJトラストの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア