M&A速報

Jトラスト<8508>、グローム・ホールディングス<8938>傘下でクラウドファンディング事業を手がけるLCレンディングを子会社化

2020/11/20

Jトラストは、グローム・ホールディングス傘下でクラウドファンディング事業を手がけるLCレンディング(東京都港区。売上高4億600万円、営業利益2億3400万円、純資産△18億6000万円)の全株式を取得し、子会社化することを決めた。取得価額は1万円。取得予定日は2020年12月1日。

Jトラストは投資子会社のプロスペクト・エナジー・マネジメント(東京都渋谷区)を通じて、LCレンディングを買収する。LCレンディングは現在、クラウドファンディング事業を停止し、匿名組合出資預かり金はゼロの状況にあるが、投資家への償還を無事に完了しているという。

LCレンディングの子会社化に伴いプロスペクト・エナジー・マネジメントは12月1日に日本ファンディングに社名変更を予定している。

M&Aデータベース

関連の記事

ヤフー・興銀リース・ソネット…こんなにあるよ10月の社名変更 

ヤフー・興銀リース・ソネット…こんなにあるよ10月の社名変更 

2019/09/30

10月から2019年度も後半戦に入る。これに合わせて社名変更する上場企業は11社ある。ZOZOを買収するヤフーもその1社。顔ぶれをみてみると。

maneoマーケットの瀧本前代表 NLHDに保有株式を売却

maneoマーケットの瀧本前代表 NLHDに保有株式を売却

2019/09/22

ソーシャルレンディング最大手のmaneoマーケットは9月17日、前代表の瀧本憲治氏が保有していた株式(84.95%)をNLHDに売却することを取締役会で承認したと発表した。同社は金融庁からファンドの虚偽記載などで業務改善命令を受けていた。

LCホールディングス前社長本荘良一氏、株価半減前に高値で売り抜け

LCホールディングス前社長本荘良一氏、株価半減前に高値で売り抜け

2019/08/23

不動産ファンドのLCホールディングスの元社長本荘良一氏らが7月26日に170万株を1750円で売却。この取引で30億円を手にしました。同社は8月14日に63億円の出資預り金の償還が困難になると発表し、株価は750円まで下落しています。

【ストックオプション事例研究】Jトラスト新株予約権(有償ストックオプション)の発行

【ストックオプション事例研究】Jトラスト新株予約権(有償ストックオプション)の発行

2016/10/12

今回は、金融・不動産・アミューズメント事業などを行うJトラストの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5