Jトラストは、消費者ローン事業の韓国ネオラインクレジット貸付(ソウル。営業収益2億9300万円、純資産6億3500万円)の全株式を取得し子会社化すると発表した。取得価額は7億6700万円。取得予定日は非公表。日本の経営コンサルティング会社、ネオラインホールディングス(東京都港区)から取得する。

韓国は上限金利44%での運用が可能で、さらに法人税が日本に比べて低いことなどから、貸金業務会社には大きなメリットがある。そのため、Jトラストはネオラインクレジット貸付を取得し、同国での事業展開を開始することにした。