menu
Social media

ビジネス

海外メディアも注目する 東芝半導体メモリ事業 売却の混迷

Cover 0639d8b7 0547 4e7d 8fa8 8f6e9bfa35c8

海外メディアも注目する 東芝半導体メモリ事業 売却の混迷

米原発事業の巨額損失を明らかにした東芝<6502>。2期連続の債務超過による上場廃止を免れるため、稼ぎ頭の半導体メモリー部門売却を発表した。

東芝は、9月13日の取締役会で日米韓連合に売却する決断をするとみられていた。同日、東芝は、改めて日米韓連合と9月中の契約締結に向けて交渉を本格化する旨の覚書を結んだと発表したが、米ウエスタンデジタル(WD)は強く反発しており、売却に向けて混迷している。

英米メディアはどう報じたか

東芝の混迷については、英フィナンシャル・タイムズや米ニューヨークタイムズなど海外のメディアも注目しており、紙面を割いて報道している。

・英フィナンシャル・タイムズ(FT)

英フィナンシャル・タイムズ紙の9月13日付けの記事Toshiba to speed up talks with Bain-led group on $20bn chip sale(東芝はベイングループへ200億ドルの半導体売却交渉を急ぐ)」によると、要旨は次のとおり(注:事実経過分は除く)。 

「ベイン連合は、アップル、ハイニックス、匿名の日本テクノロジー会社などを含んでおり、東芝の主力銀行から6000億円を借り入れることと、東芝自身が出資することの2点で同意している。一見、覚書は拘束力がなく、2ヶ月前の状況に逆戻りしただけとも思われる。だが新提案においては、以前WDの法的攻勢の前に怯んだ産業革新機構と日本政策投資銀行は、WDとの法的紛争が解決したときに参入することになっている。WDは新生産設備や研究施設への参加を求めており、異議は結局消滅していくはずとのこと。したがって、かつての行き詰まりはなくなったと関係者は言う。
 このところ、WDは新しい手法で交渉を進めている。しかし専門家は、東芝とWDの交渉はとても困難で、ひどく“非現実的な提案”を投げ合うものと見ている。東芝は、45億ドルの損失を埋め、東京市場の上場廃止をさけるため、主力銀行から早急に交渉をまとめるよう急かされている。」

・米ニューヨークタイムズ

また、米ニューヨークタイムズ紙の9月13日付けの記事Toshiba Says It Favors Bain Group’s Bid for Microchip Business(東芝はベイングループの応札に好意的)」によると、要旨は以下のとおりだ。

「WDの法的措置は東芝を日米韓連合から後退させ、他の有力な応募者との交渉を再開させた。鴻海(ホンハイ)精密工業を軸とするホンハイ連合は、“強引に”参入。しかしその中国本土での巨大な支配力は、日本側に、“最終的に企業そのものを中国本土に移されてしまうとの恐怖”を与えた。落札者には、半導体事業を育て、また東芝を資産価値あるものに変えるだけの十分な資金を提供してもらわねばならないと、東芝の副社長はいう。他方、WDは、東芝を裁判所で押さえ込むと示唆し、WDには共同事業を守る能力と同意権があると主張している。」

なお、ロイター通信は「ベインキャピタルは、9月15日、アップルのほか、デル、キングストン・テクノロジー、シーゲート・テクノロジーも、東芝支援に参加すると述べた。また、WDの東芝との提携契約を尊重する(9月15日版)」と報じた。

海外報道・メディア

関連のM&Aニュース

東芝<6502>、WH関連の米子会社を売却

東芝<6502>第三者割当による新株式の発行を決議

東芝<6502>、映像事業子会社株式を譲渡

東芝<6502>の連結子会社、ビジネストラベルジャパン株式を譲渡

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

東芝メモリ、ベインキャピタルを中心とする「日米韓連合」への売却を決議

東芝メモリ、ベインキャピタルを中心とする「日米韓連合」への売却を決議

経営再建中の東芝は、ベインキャピタルを中心とする「日米韓連合」への半導体メモリ事業売却を決議。2018年3月末までに売却を完了し、2018年3月期末での債務超過の解消を目指すが、中国をはじめ各国の独禁法の審査の行方など、不透明な部分も残したままだ。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344