menu
Social media

ビジネス

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

Cover 7ef6eb2f f6ad 41d2 a879 e351e640771d

画像はイメージです。

M&Aは成功ばかりではなく失敗もつきもの
巨額損失を計上したM&A事例を振り返る

 M&Aを実行するときに失敗を想像する経営者はいないはず。
しかし、買収時の想定に反して巨額損失の計上に追い込まれるM&Aは、いつの時代にも少なからず存在する。失敗から学ぶため、その一部を見てみよう。

1.パナソニック⇒三洋電機
2009年に4000億円以上を投じて買収。その後、10年に追加投資して完全子会社化。最終的に8100億円以上を投じたものの、リチウム電池事業の読み違いなどから13年3月期個別決算で6000億円以上の評価損を計上。

2.日立製作所米国IBM(HDD事業)
02年に2500億円を投じて買収、HDD駆動装置で世界3位に浮上。その後、5年間黒字化せず、07年3月期個別決算で1600億円の評価損を計上。しかし、09年3月期に黒字化に成功し、米国市場での株式公開を検討する。最終的に米国ウェスタン・デジタル(WD)に39億ドル(当時のレートで3500億円)の現金と9億ドル相当のWD株式(発行済み株式数の約10%)で売却に成功した。

3.古河電気工業⇒米国ルーセントテクノロジー(光ファイバー事業)
01年11月に21.27億ドル(当時のレートで2800億円)を投じて買収し、光ファイバー業界で世界2位に。しかし、買収直後から売り上げが激減し、最終的にはピーク時(2000億円)の5分の1まで減少。連結株主資本が半減し、54年ぶりの無配に転落する事態になり社長が辞任。04年3月期には1000億円の評価損を計上した。なお、同部門は15年3月現在では売上高1500億円、部門営業利益80億円を計上するまでに回復している。

4.富士通英国ICL
1990年に以前から業務提携関係にあった英国ICLを1890億円にて買収し、株式の80%を取得する。電算機で世界2位となり、IBMを追撃する体制を整えた。その後98年には完全子会社化。その後も富士通の欧州の拠点としてドイツ企業を買収するなどして累計投資額が3500億円を超えたが、業績は悪化していた。結局、07年3月期個別決算で2900億円の評価損を計上する。

5.セブン&アイ・ホールディングスそごう・西武
06年に1300億円を投じて野村プリンシパル・ファイナンスから株式の65%を取得。その後、株式交換で完全子会社化。累計で2300億円を投じたものの、業績は上向かず評価減を行うに至る。10年2月期個別決算で670億円の評価損を計上した。

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【企業力分析 】シャープ 2013年に逃した1514億円

【企業力分析 】シャープ 2013年に逃した1514億円

2015年5月9日、再建中のシャープは、資本金を1億円に減資する計画を発表し、その後、5億円に変更した。2006年から2015年3月期までの連結財務諸表、10年間(2015年は決算短信)を専門家が分析した。


注目の記事