menu
Social media

ビジネス

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

Cover 7ef6eb2f f6ad 41d2 a879 e351e640771d
画像はイメージです。

M&Aは成功ばかりではなく失敗もつきもの 巨額損失を計上したM&A事例を振り返る

 M&Aを実行するときに失敗を想像する経営者はいないはず。しかし、買収時の想定に反して巨額損失の計上に追い込まれるM&Aは、いつの時代にも少なからず存在する。失敗から学ぶため、その一部を見てみよう。

巨額損失M&A事例10選

1.パナソニック<6752>⇒三洋電機
2009年に4000億円以上を投じて買収。その後、10年に追加投資して完全子会社化。最終的に8100億円以上を投じたものの、リチウム電池事業の読み違いなどから13年3月期個別決算で6000億円以上の評価損を計上。

2.日立製作所<6501>⇒米国IBM(HDD事業)
02年に2500億円を投じて買収、HDD駆動装置で世界3位に浮上。その後、5年間黒字化せず、07年3月期個別決算で1600億円の評価損を計上。しかし、09年3月期に黒字化に成功し、米国市場での株式公開を検討する。最終的に米国ウェスタン・デジタル(WD)に39億ドル(当時のレートで3500億円)の現金と9億ドル相当のWD株式(発行済み株式数の約10%)で売却に成功した。【日立製作所】危機から一転好調へ。選択と集中にM&Aを活用

3.古河電工<5801>⇒米国ルーセントテクノロジー(光ファイバー事業) 
01年11月に21.27億ドル(当時のレートで2800億円)を投じて買収し、光ファイバー業界で世界2位に。しかし、買収直後から売り上げが激減し、最終的にはピーク時(2000億円)の5分の1まで減少。連結株主資本が半減し、54年ぶりの無配に転落する事態になり社長が辞任。04年3月期には1000億円の評価損を計上した。なお、同部門は15年3月現在では売上高1500億円、部門営業利益80億円を計上するまでに回復している。

4.富士通<6702>⇒英国ICL
1990年に以前から業務提携関係にあった英国ICLを1890億円にて買収し、株式の80%を取得する。電算機で世界2位となり、IBMを追撃する体制を整えた。その後98年には完全子会社化。その後も富士通の欧州の拠点としてドイツ企業を買収するなどして累計投資額が3500億円を超えたが、業績は悪化していた。結局、07年3月期個別決算で2900億円の評価損を計上する。【富士通】「虎の子」を使い切り、背水の陣でM&Aに挑む

5.セブン&アイ・ホールディングス<3382>そごう・西武
06年に1300億円を投じて野村プリンシパル・ファイナンスから株式の65%を取得。その後、株式交換で完全子会社化。累計で2300億円を投じたものの、業績は上向かず評価減を行うに至る。10年2月期個別決算で670億円の評価損を計上した。【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?

関連のM&Aニュース

デンソー<6902>、富士通<6702>の子会社を買収

ジェイテクト<6473>、富士機工<6702>をTOBにより完全子会社化

タチエス<7239>、富士機工<6702>のシート事業を買収

富士通<6702>、ソレキア<9867>に対する公開買付けの買付け条件等の変更に関するお知らせ

富士通<6702>、ソレキア<9867>の公開買付価格を5,000円に変更

富士通<6702>、ソレキアに対する公開買付けの買付け条件等の変更に関するお知らせ

富士通<6702>、ソレキア<9867>に対する公開買付け開始 佐々木ベジ氏に対抗

グリー<3632>、リノコ運営のセカイエを売却

グリー<3632>、広告メディア会社を完全子会社化

日立工機<6581>、HKホールディングスによる公開買付けに賛同を表明

HOYA<7741>、米国メガネレンズ製造・販売会社Performance opticsを買収

エイチ・ツー・オー リテイリング<8242>、セブン&アイ・ホールディングス<3382>と資本業務提携へ

グリー株式会社<3632>、子会社GIEがPerBlueを子会社化

新生銀行<8303>、連結子会社昭和リースを株式交換により完全子会社化

富士通<6702>、デンソー、トヨタ、富士通テンの資本構成変更に向け基本合意へ

アドアーズ<4712>、グリー<3632>とバーチャルリアリティ関連事業で業務提携

グリー<3632>、米国モバイルゲーム開発・運営子会社の一部の事業を承継後、譲渡

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、完全子会社の株式交換によるニッセンホールディングス<8248>の完全子会社化

日立製作所<6501>、子会社の日立キャピタル<8586>を三菱UFJ系列2社へ1081億円で譲渡

富士通<6702>、ニフティ<3828>を完全子会社にするため公開買付けへ

グリー<3632>、子会社の既存2タイトル運営事業をマイネット<3928>へ譲渡

バイテックホールディングス<9957>、部材調達会社の株式の一部をパナソニック<6752>に譲渡

日立製作所<6501>、子会社の日立物流をSGホールディングスへ875億円で譲渡

リョーサン<8140>、日立製作所<6501>のミリ波IC事業を譲受け

パナソニック<6752>、米国の業務用冷凍・冷蔵ショーケースメーカーを子会社化

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、米国のガソリン卸売事業を取得

ジーエス・ユアサコーポレーション<6674>、パナソニック<6752>の鉛蓄電池事業を譲受け

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、バーニーズジャパンを株式追加取得により完全子会社化

グリー<3632>、オンラインリフォームサービス会社を買収。

パナソニック<6752>、スペイン自動車向けメカトロニクス会社と資本業務提携。

第一三共<4568>、米国バイオベンチャーを買収。

パナソニック<6752>、SAWフィルタ事業の一部をスカイワークス ソリューションズに譲渡。

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、子会社によるニッセンホールディングス<8248>に対する公開買付の開始を発表。

セブン&アイ・ホールディングス<3382>、子会社によるダイイチとの業務・資本提携を発表。

日立製作所<6501>、英国ホライズン・ニュークリア・パワー社を買収。

グリー<3632>、ジープラの株式を取得。

グリー<3632>、Funzioを子会社化。

日立製作所<6501>、ウエスタンデジタルへハードディスクドライブ事業を譲渡。

中小型ディスプレイ事業を統合

グリー<3632>、マーズを子会社化。

日立製作所<6501>、三菱電機<6503>、三菱重工業<7011>、水力発電システム事業を統合

HOYA<7741>、PENTAX イメージング・システム事業をリコーに譲渡

グリー<3632>、OpenFeint,Inc.を子会社化

日立物流<9086>によるバンテック<9382>の株式に対する公開買付が終了

日立製作所<6501>三菱電機<6503>三菱重工業<7011>、水力発電システム事業の統合に関して基本合意

第一三共<4568>、米国カリフォルニア州バークレーに本社を置くPlexxikonを子会社化

グリー<3632>、アトランティスを子会社化

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>を株式交換により完全子会社化

パナソニック<6752>、株式交換によりパナソニック電工を完全子会社化

グリー<3632>、アイスタイルの株式を取得

パナソニック<6752>によるパナソニック電工<6991>の株式に対する公開買付が終了

第一三共<4568>、印Zenotech Laboratories Limitedに対する株式公開買付けが終了

第一三共<4568>、Zenotech Laboratories Limitedの普通株式に対する公開買付を開始

パナソニック<6752>、パナソニック電工<6991>の株式に対して公開買付を実施

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>の株式に対する公開買付を実施

日立製作所<6501>三菱電機<6503>三菱重工業<7011>が水力発電システム事業の統合に向け合意

新生銀行<8303>、あおぞら銀行<8304>との統合契約を解消

富士通<6702>、PFUを株式交換により完全子会社化

第一三共<4568>の米子会社が米PharmaForceを子会社化

パナソニック<6752>による三洋電機<6764>株式の公開買付が終了

ぴあ<4337>とセブン&アイ・ホールディングス<3382>が業務・資本提携

パナソニック<6752>、三洋電機<6764>に対する公開買付けを開始

日立製作所<6501>、関連子会社5社の公開買付けが終了

NECエレクトロニクス<6723>とルネサス テクノロジが事業統合

日立<6501>、上場子会社5社株式のTOB開始

日立グループ事業再編

新生銀行<8303>とあおぞら銀行<8304>、平成22年10月の合併を正式発表

NEXT STORY

【企業力分析 】シャープ 2013年に逃した1514億円

【企業力分析 】シャープ 2013年に逃した1514億円

2015年5月9日、再建中のシャープは、資本金を1億円に減資する計画を発表し、その後、5億円に変更した。2006年から2015年3月期までの連結財務諸表、10年間(2015年は決算短信)を専門家が分析した。


注目の記事

Thumb ea53dea8 87a4 4d4c b99c 6cbf3f39d559

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。

Thumb 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f
Thumb b243ff45 3f0c 4274 91c3 555b1c09704f
Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d