menu
Social media

「のれん」を考える

Cover 6bedd58d 2f99 4edb bdd4 55749772d0e5

 最近は日本企業も盛んにM&Aを行います。このためか、「のれん」という言葉を新聞などでもよく目にすることになりました。今日はこの「のれん」について考えてみたいと思います。少々理屈っぽい内容ですが、ご興味ある方は是非お読みください。なお、文中の意見は筆者個人の私見であることを予めご了承ください。

1.「のれん」とは何か

 店舗や飲み屋の入口には、目隠しや日よけのためののれんが吊るされています。のれんには店名や屋号が描かれていて、店名や屋号で店の格がわかります。

 このことから、会計上でも格式やブランドを表すものとして「のれん」という言葉が使われるようになりました。カタい言葉では「超過収益力」と説明されたりします。

 格式やブランド力はどんな会社にもありますが、それがいったいいくらの価値なのかは、なかなか分かりません。

 それが外から見えるようになるのが合併や買収の時です。100の純資産しかない会社を150で買収した場合、50は「目に見えない何か」に対してお金を出したことになります。この50部分が「のれん」として会計上も計上されることになります。

2.償却するか、しないか?

のれん」についての会計上の大問題といえば、償却するかどうかです。

 日本基準では20年以内で償却します。「M&A時点のブランド力は段々と無くなっていくものであるから、一定年数で消すのが正しい」という考え方です。また、「のれん」は換金できないので、いつまでも資産に計上し続けるのは良くないという考えもあります。

 IFRSや米国基準では償却しません。企業はM&Aで得たブランド力をあの手この手で維持発展させるはずだから、その価値が明らかに落ちた場合(その場合は減損します)を除き償却するべきではないという考え方です。また、収益力の維持発展のために広告などにコストをかけるでしょうから、そうした費用と償却費を同時に計上するのは理論的に不整合という考えもあります。

 どちらの考え方も筋は通っています。世界的には非償却が主流ですが、その場合はいつも減損リスクを抱えます。のれんはかなり巨額になりますから、不景気でのれんの減損が多発すると、それが経済をさらに冷え込ませる・・・という負のスパイラルに陥る懸念もあります。

 ちなみにIFRSも米国基準ものれんは非償却ですが、反対意見もけっこう多く、決して一枚岩ではありません。

 この議論は昔から行われていますが、いつまでもすっきりとは解決できない問題となっています。

 ソフトバンクは米国スプリントの買収で約3,000億円ののれんを計上しました。巨額になりがちなのれんは、理論的にも実務的にも扱いが厄介と言えます。

のれん・減損会計

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【サントリー】「やってみなはれ」M&Aの活用における意思決定力の重要性

【サントリー】「やってみなはれ」M&Aの活用における意思決定力の重要性

サントリーHDは、1990年代に蒸留酒の低迷を受けて厳しい状況が続いていたが、「プレミアムモルツ」の大ヒット、ハイボールによるウイスキー人気の復活により業績を回復させる。その後、ビーム社の買収を始めとしたグローバル戦略にも注力し、増収増益させている。これらの戦略の成功には、非上場が故の「意思決定力」が功を奏している。「意思決定力」の重要性にフォーカスし、サントリーのM&A戦略を分析する。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70