menu
Social media

法律・マネー

えっ ソニーも巨額減損?

Cover 1f041f3b 625d 4477 9787 5e33b8e5c175

えっ ソニーも巨額減損?

2017年01月31日公開

ソニーは1月30日に「映画分野の営業権に関する減損計上のお知らせ」なるIRを発表し、2016年10~12月期に減損損失1121億円を営業損失として計上すると発表しました。

2017年3月期の連結業績予想は、売り上げ7兆4000億円、営業利益2700億円、うち映画事業は売り上げ9100億円、営業利益290億円となっていましたが、すべて2月2日の2016年10~12月期決算発表時に公表するとして業績予想を引っ込めてしまいました。

IR資料によると、減損の対象となった営業権の大半は1989年にコロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメント(現・ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント)を公開買い付けした際に計上したものとされています。

具体的には計上されている映画分野の営業権のうち、プロダクション・アンド・ディストリビューションの1121億円を全額減損するようです。これは映画制作・配給という映画会社本来の業務にかかわるところで、ここを全額減損するということは今後の映画事業の収益見通しが「とてつもなく悪化している」ことになります。

またメディア・ネットワークの営業権1145億円は、そのまま計上していくようです。

ところで1989年にソニーがコロンビア・ピクチャーズ(当時)を買収した金額は48億ドル(約5000億円)でしたが、1995年にも営業権の減損損失を2652億円計上しています。

映画会社とは、その事業の性格上から企業価値の大半は営業権(要するにヒット作品を生み出して稼いでくれるはずという期待感の対価)となりますが、買収以降その大半を減損してしまったことになります。

ソニー・ピクチャーズは、本場ハリウッドの映画会社(制作・配給会社)では大手6社の一角です。そして世界でも米国でも映画業界は決して不況ではありません。

まだ2015年の集計しかありませんが、映画産業の世界規模は383億ドル(4兆2000億円)で前年比5%伸びています。国別トップは米国の111億ドル、2位が中国の68億ドル(前年比41%増)、3位が英国の19億ドル、4位が日本の18億ドルと続きます。2016年はポンド安だったので日本が3位に浮上しているはずです。

また大手6社とは、ウォルト・ディズニー、ユニバーサル・スタジオ(ケーブルテレビのコムキャスト傘下)、ワーナー・ブラザース(タイム・ワーナー傘下)、20世紀・フォックス(ニューズ・コーポレーション傘下)、パラマウント(ケーブルテレビのバイアコム傘下)、それにソニー・ピクチャーズのことです。

ソニー・ピクチャーズを除いた5社は、すべて世界的な総合メディア・グループの傘下にあり、映画(アニメも含む)もそのグループ戦略にしっかりと組み込まれています。

2015年10月にコムキャスト傘下のユニバーサル・スタジオが、日本のユニバーサル・スタジオ運営会社の51%を1830億円でゴールドマン・サックスから買ったのも、グループ戦略の一環だったはずです。

のれん・減損会計

関連のM&Aニュース

ソニー<6758>、米国Funimationを子会社化

ソニー<6758>、エムスリー一部株式をゴールドマン・サックスに譲渡

ソニー<6758>が孫会社である中国のカメラモジュール製造事業の会社を売却

ソニー<6758>、インド子会社のSPNが南アジアのスポーツネットワークを約397億円で買収

ソニー<6758>、子会社のSME UKが英国の有力なダンスミュージックレーベルを買収

ソニー<6758>、ベルギーの医療映像ソリューションプロバイダーを買収

ソニー<6758>、村田製作所<6981>へ電池事業を譲渡する意向確認書を締結

ソニー<6758>、故マイケル・ジャクソン氏との米国合弁会社株式50%を譲り受け

ソニー<6758>、イスラエルのLTEモデムチップ開発会社を買収へ

ソニー<6758>の米国子会社、英放送会社を買収。

ソニー<6758>、ディー・エヌ・エーの株式の譲渡を実施。

ソニー<6758>、連結子会社の株式の一部譲渡を実施。

ソニー<6758>によるソネットエンタテインメント<3789>の株式等に対する公開買付が終了。

ソニー・コンピュータエンタテインメント、米国Gaikai Inc.を買収。

ソニー<6758>、ケミカルプロダクツ関連事業を譲渡。

ソニー<6758>、ソニー・エリクソンの100%子会社化を完了。

ソニー<6758>、EMI Music Publishingを買収。

ソニー<6758>、中南米の有料テレビ事業の持分を一部売却

NEXT STORY

東芝の減損の謎(続き)

東芝の減損の謎(続き)

東芝は、最終赤字が1兆100億円になる見込みであると公表しました。買収した米原発事業の巨額損失を計上するに至った経緯をまとめてみました。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544