ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

東芝の減損の謎

alt

東芝の減損の謎

すでに日経新聞の一面も飾っている東芝の一件。

2016年12月27日、東芝は、今季の決算にて数千億円の減損損失を計上する可能性があることを公表しました。

内容は、アメリカの子会社であるウェスチングハウス社(以下、WEC)が、2015年12月31日にChicago Bridge & Iron社(以下、CB&I)の傘下であったCB&I Stone & Webster社(以下、S&W)を100%買収したものの、S&Eの資産価値が当初より大幅に減少し、その結果のれん計上額が数千億円規模になり、そして当該のれんの一部または全部を減損することになりそうだということです。

ぱっと見てもわかりませんよね、何がどうなっているのか。

簡単に今回の事象を図示すると、以下のようになります。

WECは主に原子力発電所を設計・建設する会社で、S&Wも似たような事業を営む会社です。もともと両社は共同で建設案件を担ったりしていたので、本買収でWECの傘下に収めることにより、一元的な管理を実現させようとしたものと思われます。

NEXT STORY

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選

2015/09/30

M&Aを実行するときに失敗を想像する経営者はいないはず。しかし、買収時の想定に反して巨額損失の計上に追い込まれるM&Aは、いつの時代にも少なからず存在する。失敗から学ぶため、その一部を見てみよう。

関連のM&Aニュース