オリンパス、12年ぶりに外国人社長が誕生〜成長加速なるか?|ビジネスパーソンのための占星術

alt
オリンパスの看板(東京都八王子市)

こんにちは、柳川隆洸です。

新月のタイミングに合わせて毎月1回、「ビジネス×占星術」の内容で連載をしています。

西洋占星術では1ヶ月の始まりを新月としており、新月の星配置を見ることで1ヶ月の社会的傾向を知ることができます。

まずは先月4月20日の新月から1ヶ月の振り返りをしたいと思います。

前回の記事で、太陽と冥王星が厳しいつながり方になるので各界のリーダーの失脚やテロの可能性をお伝えしていましたが、岸田文雄首相に向けて爆発物が投げ込まれた事件が発生し、幸いなことに怪我人はほとんどいなかったが少々ヒヤリとするニュースでした。

また、金融関係や物の価値が高騰するなど変化が起きやすそうですし、デジタル通貨の可能性も大きく飛躍する可能性をお伝えしていましたが、アップルが米国で預金口座サービスを開始し、金利4%ということで開始4日間で約1360億円の入金があったと報じられていました。

ITのプラットフォーマーが本気で金融事業をやり始めることのインパクトはすさまじく、既存のプレーヤーは潰されていく未来も考える必要がありそうです。

そんな状況での5月(4月末)新月からの星の影響を見てみましょう。

金融の動きを要ウオッチ

新月は5月20日00:53です。

先月もお伝えした通り、拡大天体の木星が牡牛座に入ったことで、金融関係にまつわることでの社会の大きな変化が起きやすい時期になっています。

また、攻撃性を表す火星が獅子座に入ったことで、牡牛座の木星、獅子座の火星、水瓶座の冥王星で極めてハードにつながります。

財政問題の噴出や増税、世界の債務状況の深刻化などが表面化する可能性も示唆されます。

不自然に上がり続けている株価もどこかで調整がはいるとしたら、このようなタイミングで起きることも視野に入れておくべきでしょう。

また天変地異も懸念されますし、火星が関わっていることで戦争の激化の恐れもあります。

最近では暗号資産のハッキングが横行しているということで、保有資産の分散は意識しておいた方が良いでしょう。

2023年に入ってからのIT関連の目覚ましい発展は、この時期にブレーキがかかるようなイベントが発生する可能性もあります。

このように全般的にネガティブさが強調されている1ヶ月ですが、平和的な世界をより良くしようという動きも活発化する星配置があり、疲れた人を癒やすような流れも起きやすいでしょう。

今月は私たち個人でも特に金融関係にはシッカリと目を光らせておきましょう。

大丈夫と安心しているところで、思いも寄らない問題が噴出する可能性がありますので、資産を守る行動は積極的にしておきましょう。

柳川 隆洸 (やながわ・りゅうこう)

株式会社Furyu代表、TimeDirecter 

1978年大阪生まれ。 神戸芸術工科大学卒業後、アパレル会社に入社。インターネット物販が今ほど認知されていない時代に、アパレル販売サイトを立ち上げ、3か月で月間売り上げ1,000万円を超す人気店に成長させ、入社後わずか6か月で部長に就任。2つのブランドを1年でインターネットだけで年間売上5億円超へと成長させる。

自社ブランドの上場会社へのM&Aや取締役を経て独立。蓄積したWebマーケティングの知識を体系化し、社会人向けの起業スクールを立ち上げるかたわら、これまでの自身のビジネス活動で活用していた占星術が人生を大きく発展させてくれると確信。占星術を「より良く生きるための優れたツール」としてサービス提供を開始する。

完全紹介制で始めた占星術セッションは口コミで評判がひろまり、著名人や経営者など各界のリーダーをはじめ、1,000名以上の人のセッションを行なう。また、「あなたの未来がわかる手帳」として「TIME DIRECTION CAL」という完全パーソナルなカレンダーを発行し、人気を博している。

http://www.timedirection.com/


NEXT STORY

7年ぶりに再上場したスカイマーク、大空に羽ばたけるか?|ビジネスパーソンのための占星術

7年ぶりに再上場したスカイマーク、大空に羽ばたけるか?|ビジネスパーソンのための占星術

2023-04-19

スカイマークが2022年12月に、7年ぶりに再上場を果たした。2015年に経営破綻したどん底から再起を期し、折からのコロナ禍をくぐり抜けて株式市場に復帰した。今度こそ、安定経営に向けて、大きく羽ばたくことができるのか。

関連のM&A速報

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5