こんにちは、柳川隆洸です。

新月のタイミングに合わせて毎月1回、「ビジネス×占星術」の内容で連載をしています。西洋占星術では1ヶ月の始まりを新月としており、新月の星配置を見ることで1ヶ月の社会的傾向を知ることができます。

まずは先月9月17日の新月から1ヶ月の振り返りをしたいと思います。

前回の記事で9月26日頃から、攻撃性を表す逆行中の「火星」が、政治経済を意味する「土星」や破壊を意味する「冥王星」に次々とネガティブな影響をもたらすとお伝えしていましたが、9月29日の米大統領選テレビ討論会では「最もカオスな中傷合戦」と呼ばれるほどの非難に満ちたものとなりました。

その後のトランプのコロナ感染や北朝鮮の軍事パレードなど不安の多いニュースが続きました。

そんな状況での10月末からの星の影響を見てみましょう。

米大統領選、大どんでん返しも起きえる星配置

新月は10月17日 4:30です。

前回の記事でもお伝えしましたが10月14日から11月3日まで水星が逆行します。水星逆行には様々なケアレスミス引き起こしたり、正確ではない情報が蔓延したりと、情報においての問題が噴出しやすい時期です。

この水星逆行を終えた11月3日に米大統領選挙の投票が始まります。つまりこの瞬間から情報が正常に流れ始めるという風に考えると、直前まで水星逆行していた期間に予測されていた内容とは違う結果が、大統領選に出てくる可能性もあります。

トランプ氏が続投するのかどうかは世界中の関心事ですが、最後の最後まで結果が予測できないし、意外な大どんでん返しも起きえるような星配置になっています。

また、11月10日から11月20日には木星と冥王星が重なり、経済の大きな変化をもたらす傾向が強まりますので、金融市場を中心に不安定な流れになる傾向が出てくるでしょう。

現在、仮想通貨やデジタル通貨など、従来の通貨のあり方に変化が起きてきていますが、それが11月10日以降加速する可能性もあります。

米大統領選後は、古いものはさらに淘汰され、新規性のあることを大いに迎え入れる傾向が強まるはずです。

そしてこの影響は私たち個人にももたらされますから、新しい社会の流れを積極的に取り入れた生活やビジネスを展開しないと、取り残されたような印象も持ちやすくなるでしょう。

いずれにしても、10月17日の新月以降、何が真実で何がウソなのかが分からないと感じる1ヶ月を過ごすことになるでしょう。

このようなときに不安に支配されてしまうと道を大きく踏み外すことになりますから、短期的な現象であるとあらかじめ心の準備をしておきましょう。