ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ENEOSホールディングス、次の変化のタイミングは2025年|ビジネスパーソンのための占星術

alt

こんにちは、柳川隆洸です。

新月のタイミングに合わせて毎月1回、「ビジネス×占星術」の内容で連載をしています。西洋占星術では1ヶ月の始まりを新月としており、新月の星配置を見ることで1ヶ月の社会的傾向を知ることができます。

まずは先月9月17日の新月から1ヶ月の振り返りをしたいと思います。

前回の記事で9月26日頃から、攻撃性を表す逆行中の「火星」が、政治経済を意味する「土星」や破壊を意味する「冥王星」に次々とネガティブな影響をもたらすとお伝えしていましたが、9月29日の米大統領選テレビ討論会では「最もカオスな中傷合戦」と呼ばれるほどの非難に満ちたものとなりました。

その後のトランプのコロナ感染や北朝鮮の軍事パレードなど不安の多いニュースが続きました。

そんな状況での10月末からの星の影響を見てみましょう。

米大統領選、大どんでん返しも起きえる星配置

新月は10月17日 4:30です。

前回の記事でもお伝えしましたが10月14日から11月3日まで水星が逆行します。水星逆行には様々なケアレスミス引き起こしたり、正確ではない情報が蔓延したりと、情報においての問題が噴出しやすい時期です。

この水星逆行を終えた11月3日に米大統領選挙の投票が始まります。つまりこの瞬間から情報が正常に流れ始めるという風に考えると、直前まで水星逆行していた期間に予測されていた内容とは違う結果が、大統領選に出てくる可能性もあります。

トランプ氏が続投するのかどうかは世界中の関心事ですが、最後の最後まで結果が予測できないし、意外な大どんでん返しも起きえるような星配置になっています。

また、11月10日から11月20日には木星と冥王星が重なり、経済の大きな変化をもたらす傾向が強まりますので、金融市場を中心に不安定な流れになる傾向が出てくるでしょう。

現在、仮想通貨やデジタル通貨など、従来の通貨のあり方に変化が起きてきていますが、それが11月10日以降加速する可能性もあります。

米大統領選後は、古いものはさらに淘汰され、新規性のあることを大いに迎え入れる傾向が強まるはずです。

そしてこの影響は私たち個人にももたらされますから、新しい社会の流れを積極的に取り入れた生活やビジネスを展開しないと、取り残されたような印象も持ちやすくなるでしょう。

いずれにしても、10月17日の新月以降、何が真実で何がウソなのかが分からないと感じる1ヶ月を過ごすことになるでしょう。

このようなときに不安に支配されてしまうと道を大きく踏み外すことになりますから、短期的な現象であるとあらかじめ心の準備をしておきましょう。

柳川 隆洸 (やながわ・りゅうこう)

株式会社Furyu代表、TimeDirecter 

1978年大阪生まれ。 神戸芸術工科大学卒業後、アパレル会社に入社。インターネット物販が今ほど認知されていない時代に、アパレル販売サイトを立ち上げ、3か月で月間売り上げ1,000万円を超す人気店に成長させ、入社後わずか6か月で部長に就任。2つのブランドを1年でインターネットだけで年間売上5億円超へと成長させる。

自社ブランドの上場会社へのM&Aや取締役を経て独立。蓄積したWebマーケティングの知識を体系化し、社会人向けの起業スクールを立ち上げるかたわら、これまでの自身のビジネス活動で活用していた占星術が人生を大きく発展させてくれると確信。占星術を「より良く生きるための優れたツール」としてサービス提供を開始する。

完全紹介制で始めた占星術セッションは口コミで評判がひろまり、著名人や経営者など各界のリーダーをはじめ、1,000名以上の人のセッションを行なう。また、「あなたの未来がわかる手帳」として「TIME DIRECTION CAL」という完全パーソナルなカレンダーを発行し、人気を博している。

http://www.timedirection.com/


NEXT STORY

新生「ENEOS」始動へ、社名変更の理由とは?

新生「ENEOS」始動へ、社名変更の理由とは?

2020-06-22

JXTGホールディングス(HD)から改称し、「ENEOSホールディングス」が6月25日にスタートする。持ち株会社の運営体制を変更するのに合わせた社名変更だが、業界の盟主・旧日本石油を中心とする20年に及ぶ再編・統合劇の総仕上げをも意味する。

関連のM&A速報