ニトリホールディングス、30年に一度の変革のタイミングが到来|ビジネスパーソンのための占星術

alt
30年以上増収増益が続くニトリホールディングス…写真は都内の渋谷公園通り店

こんにちは、柳川隆洸です。

新月のタイミングに合わせて毎月1回、「ビジネス×占星術」の内容で連載をしています。西洋占星術では1ヶ月の始まりを新月としており、新月の星配置を見ることで1ヶ月の社会的傾向を知ることができます。

まずは先月12月15日の新月から1ヶ月の振り返りをしたいと思います。占星術の世界において、昨年12月末はとても大きな時代の切り替わりが起きたタイミングでした。

200年サイクルでの時代の変化が2020年12月22日に起きたのです。どのような変化があるのか、については簡単に先月の記事で書いていますので、ぜひ読んでみてください。

12月末には日食の影響やその他のネガティブな天体配置から、世界的に混乱するのではという予想をしていましたが、コロナの変異種の広がりなど欧州を中心にさらなる不安が広がりました。米大統領選においてもトランプ支持派の勢いが衰えず、米国の分断が懸念されています。

先行きが不透明な現状を象徴するかのような天体配置であり、今後もこの影響は続くのでしばらくは手探りの世界動向が続くでしょう。

そんな状況での1月末からの星の影響を見てみましょう。

ハードな天体配置だが、2月末には落ち着き

新月は1月13日 14:00です。

この記事を執筆している1月6日の時点で、日本は一都三県で緊急事態宣言を検討している状態です。このようにコロナの影響がとどまるところを知らない状況での1月13日からの1ヶ月は、新月の13日からいきなりハードな天体配置でスタートします。

社会的な不安や金融関係の乱高下など混乱した状況が引き起こされそうな印象を持ちます。大統領選で顕著になった米国社会の分断に見られるように、コロナの混乱が悪化するのではないかという予想は疑いようのない状況です。

そこに加えて、社会的反乱や過激派による何らかの行動まで発展する可能性もはらんでおり、注意が必要です。1月20日は米大統領就任式ですが、何らかの暴走が起きてもおかしくないような天体配置になっています。

そして、1月31日からは水星逆行という天体現象が発生し、この時は情報が間違って伝わったり、フェイクニュースが広がったりと、不安をさらに増長させるような現象が起きやすいでしょう。

ネガティブな天体配置が続きますが、このような状況がいつまで続くのかというと、ひとまず断続的に2月8日頃まで強い影響があります。

そして次第に弱まっていき、2月21日の水星逆行が終わる頃には随分とリラックスした雰囲気に世界はシフトしていくはずです。

ですから、この不安で先行きが見えない状況はひとまず2月末で落ち着くのだとわかった上で、今を着実に乗り越えていただくと良いでしょう。

あなたの人生にも当然、このようなネガティブな天体の影響は降ってきています。なので現時点で何か困ったことがあっても、それがずっと続くわけでもないし、あなたが悪いわけでもなく、宇宙の流れ全体がそのようなベクトルを向いているだけなのだと思って、刹那的な判断や行動は避けるようにしてください。

もし可能ならば重要な決断などは2月21日まで待ってもらう方が安全です。日々変化の多い期間になりますが、この記事を参考により良い1ヶ月を過ごされて下さい。

NEXT STORY

ANA ホールディングス、「コロナ」の逆境から2023年を境に上昇気流へ|ビジネスパーソンのための占星術

ANA ホールディングス、「コロナ」の逆境から2023年を境に上昇気流へ|ビジネスパーソンのための占星術

2020/12/14

ANAホールディングスを含めて航空業界は全世界的に大打撃を受けた1年になりました。ANAも5000億円を超える赤字が見込まれていますが、未曾有のコロナ危機の中、同社の真骨頂が試されています。ANAの再び雄飛できるのか。占星術の見立ては?