三菱電機、不祥事の連鎖を断ち切れるか?|ビジネスパーソンのための占星術

alt
検査不正問題に揺れる三菱電機の本社前(東京・丸の内)

こんにちは、柳川隆洸です。

新月のタイミングに合わせて毎月1回、「ビジネス×占星術」の内容で連載をしています。西洋占星術では1ヶ月の始まりを新月としており、新月の星配置を見ることで1ヶ月の社会的傾向を知ることができます。

まずは先月6月10日の新月から1ヶ月の振り返りをしたいと思います。

前回の記事で6月21日以降は混乱もありますが同時に楽観的な機運にも恵まれるとお伝えしました。21日頃には世界的な景気回復の加速やインフレを見込んで金融商品に流れ込んできたマネーが逆回転し、相場が荒れる事態となりました。

一方で、米国や欧州で新型コロナウイルスのワクチン接種が広がり、人の流れが急回復を始めており、旅行や飲食店の予約率もコロナ禍前の水準を回復しつつあるといった楽観的なニュースもありました。

残念ながらアジアの回復が鈍いので日本ではまだまだ時間がかかりそうですが、やっと光明が見えてきたという印象があります。

また米国の6月雇用統計では前月比85万人の雇用が増え、10ヶ月ぶりの大幅増となり、人手不足になりつつあるといいます。そんな状況下、7月新月からの星の影響を見てみましょう。

ビジネスパートナーとの関係は慎重に

新月は7月10日 10:16です。

7月からは少しネガティブな星の影響が強くなるとお伝えしていました。7月13日頃から22日迄の間はパニックに陥るようなことが起きやすくなり、怒りの爆発や激しい喧嘩が突然発生し、大きなストレスを生むケースもあるでしょう。

このような時期は天災に見舞われることも多くなるので、十分な注意が必要です。また7月14日は金星と火星が獅子座でピタリとつながるタイミングになります。

よく恋愛などでは燃え上がるような恋が始まる…というようなことを言ったりしますが、ビジネスでは取引先やパートナー、国家間ですと協力関係にある国同士において何らかのイベントが発生しやすくなります。

今回のこの火星・金星の繋がりはどちらかというとネガティブなほうに作用しやすく、仲違いや別離の意味合いが出やすいでしょう。

だからこそ、協力企業やビジネスパートナーとの関係はぜひ慎重に対応することをお勧めします。同時に、社会でもそういった意見の食い違いによる別離に似た現象が起きやすいと言えます。また、金星を金融市場として見るならば、やはり7月14日から29日頃までトレンド転換には意識しておいた方が良いでしょう。

トレンドの転換という意味ではこの期間はやはり国の政策や軍事、ビジネスにおいて焦点が大幅に変わる可能性が出てきます。これまで通りではない現象が表面化しやすいので注意深くしておいてください。

このように7月は何かと変化が激しい1ヶ月になりそうですが、その影響は8月に入ってもしばらくは続きそうです。予期せぬ出来事や変動、そして悪天候には8月10日頃まで要注意です。

落ち着きのない1ヶ月になりそうですが、変化が起きるとしても、来ると分かっていればすぐに対処できるはずなので、慌てずに行動するための警戒をしておいてください。

NEXT STORY

三菱電機が「100年」企業の仲間入り|大手電機8社で残るは?

三菱電機が「100年」企業の仲間入り|大手電機8社で残るは?

2021/02/02

​三菱電機が2月1日に創立100周年を迎えた。家庭から宇宙に事業領域は及び、売上高は4兆円を超える。大手電機8社で100周年に到達するのは東芝、NEC、日立製作所などに続いて6番目となるが、この機会に競合各社のルーツなどを探ってみると。