「スシロー」すしネタの仕入れ価格を引き上げ おいしいすしを追求

alt
東京・八重洲の店舗

回転ずし「スシロー」を展開するFOOD & LIFE COMPANIES<3563>は、競合他社よりもコストをかけて品質の高い食材を調達することで、2021年9月期に45.92%だった原価率(仕入れなどの費用の売上高に占める割合)を50%に高める。

すしネタの仕入れに費用をかけることで利益は減少するが「半分はお客様に還元」を目標に、おいしいすしを追求するのが狙いだ。

2021年11月12日に発表した2022年9月期から2024年9月期までの中期経営計画の中で打ち出した戦略で、原価率の引き上げを目標に掲げるのは珍しい。スシローのネタはどのように変わっていくのだろうか。

原価率を50%に

FOOD & LIFE COMPANIESの原価率は2019年9月期に48.12%だったのが、翌年の2020年9月期には47.45%に、さらに翌翌年の2021年9月期には45.92%に低下。当然、粗利益率は高まり、本業で儲ける力は強まっていた。

同業のくら寿司<2695> の直近の決算(2021年10月期第3四半期)では、原価率は45.36%で、これ以前の2019年10月期が45.27%、2020年10月期が44.84%で、45%前後を推移している。

FOOD & LIFE COMPANIESの直近の原価率は、くら寿司とほぼ同水準のところにまで迫っていたわけで、これを中期経営計画の最終年である2024年9月期までに50%にまで高めることにした。

これは一皿100円のすしのうち50円分をすしネタなどの原材料費が占めることを意味し、「半分はお客様に還元」を実現することになる。

【FOOD & LIFE COMPANIESの原価率の推移】

決算 2019年9月期 2020年9月期 2021年9月期
原価率(%) 48.12 47.45 45.92

【くら寿司の原価率の推移】

決算 2019年10月期 2020年10月期 2021年10月期第3四半期
原価率(%) 45.27 44.84 45.36

1兆円企業の仲間入り

このほかに同中期経営計画では、すしネタの養殖魚と天然魚の割合が、養殖35%、天然65%となっている現在の比率を見直し、養殖の比率を50%ほどに高める方針を示した。天然魚の漁獲量が減少することが見込まれるため、生産や流通などの履歴を追跡できるトレーサビリティーが高い養殖魚の取り扱いを増やすことにした。

また東京や神奈川、大阪などの都市部では、将来の賃上げや家賃の上昇などを踏まえ、一部店舗で現在の一皿100円(税込み110円)を、同110円と120円(税込み121円と132円)に引き上げることを検討する。

さらに中期経営計画最終年の2024年9月期に、売上高4200億円、営業利益330億円、経常利益310億円、当期利益200億円の目標を掲げた。いずれも年平均の成長率は、15%を越える高い伸びを見込む。また時期は定めていないが、最終的な目標として1兆円企業の仲間入りを目指すという。

こうした高い成長を支えるため、出店や新規事業などへの投資を活発化する計画で、中期経営計画期間中の3年間で合計750億円を投じる。最終年の2024年9月期は275億円を予定しており、2021年9月期の135億円の2倍以上になる。

中期経営計画が順調に進めば、スシローが大きく変わることになりそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「くら寿司」に続き「スシロー」も漁業に参入 ゲノム編集で魚の品種を改良

「くら寿司」に続き「スシロー」も漁業に参入 ゲノム編集で魚の品種を改良

2021/11/13

スシロー、くら寿司の回転ずし大手2社が、そろって魚の養殖や品種改良などの水産事業に乗り出すことになった。事業が軌道に乗れば、すしネタの安定調達はもちろん、仕入れコストの低下などの効果も期待できそうだ。