ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【KLab】M&Aとエクイティの活用で急拡大

alt
はむぱん

【株価】値動きは激しく上下し、直近は低迷が続く

 KLabの株価推移を見ると、業績を反映し、2014年は大幅に上昇するも、その後、2016年あたりから低迷を続けている。ただし、直近の推移を低迷と見るか堅調に推移していると見るかは意見の分かれるところだろう。まさに、浮き沈みの激しいゲーム業界そのものを示しているといえなくもない。

図表4:KLabの株価推移

M&A Online編集部

【まとめ】自社IPでのヒット策が生まれるか

 KLabは直近、2016年12月期にて減収減益となった。その理由は、現在主力となっているゲームの国内売上が落ちてきているためだ。

 主力コンテンツとして担いでいるのが、「ラブライブ!」及び週刊少年ジャンプに連載していた「BLEACH」のアプリの2つだ。どちらもアニメ放送が終了・漫画の連載終了を迎えている。そのため、新規のコンテンツ追加要素がなく、顧客層の熱が冷め、他のゲームに移りつつある。国外での売上は増加しているが、ヒット作のないゲーム会社が生き残ることは難しいだろう。

 特にKLabの弱点としては、「自社IPのヒット作が少ないこと」に尽きる。競合他社をみると、ガンホーの「パズドラ」、ミクシィの「モンスト」、コロプラの「白猫・黒猫」シリーズは、いずれも自社IPである。現在のゲーム業界は、熾烈なコンテンツ獲得競争を繰り広げており、メガヒットを生み出すIPを獲得するのは至難の業であると考えられる。

 現状、KLabは新規採用を鈍化させ、自社基盤の整理を行っている。直近の株主説明会においても、以前に切りだした「非ゲーム事業の育成」を施策として挙げている。ソーシャルゲームの時代の波にのってきたKLabの次の一手に注目したい。

 この記事は、企業の有価証券報告書などの開示資料、また新聞報道を基に、専門家の見解によってまとめたものです。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【グリー】非ゲーム事業でM&Aも、巻き返しなるか

【グリー】非ゲーム事業でM&Aも、巻き返しなるか

2015/12/23

グリーは、売り上げの大幅増加で得た多額の資金を元手に2011年6月期、2012年6月期に頻繁にM&Aを行っている。同社が行うM&Aは先行投資的なケースが多い。そのM&Aの手法とは?

関連のM&Aニュース