ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

居酒屋「はなの舞」が「和民」「鳥貴族」に大負けしたのはなぜか

alt
チムニーの「さかなや道場」をはじめ、飲食店は「休業」の文字が並ぶ

Go To Eat最盛期も50%に留まった「はなの舞」

鮮魚
鮮魚を得意とするチムニーは競りに参加する買参権を持っている(画像はイメージ Photo by PAKUTASO)

チムニーの戻りが遅いのは、コロナ前の売上が宴会に依存していたことと、新たな収益柱としてインバウンドに注力していたためです。はなの舞は駅前などの繁華街ビルの空中階と呼ばれる2階以上、または地下に出店する形態をとっていました。通行人の目にとまりにくいため、ふらりと来店する客は獲得しづらい店舗です。しかし、Webなどを活用すれば大宴会(高単価の顧客)が獲得できたのです。

また、両国にある居酒屋の店内には土俵があり、これをフックとしたインバウンド需要が盛り上がっていました。

ところが、コロナによって大型宴会、インバウンドの両方が蒸発してしまったのです。チムニーは2020年12月の売上が前年比26.5%となり、いかに忘年会に依存していたかがわかります。Go To Eatで盛り上がっていた10月、11月も他社と比べて低水準にとどまっています。

■居酒屋企業月次売上前年比推移(単位:%)

月次売上 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
チムニー 9.3 9.6 26.2 34.9 28.0 38.9 51.7 44.1 26.5
ワタミ 8.1 9.2 34.0 48.2 36.8 51.4 65.6 60.1 41.4
鳥貴族 3.8 12.1 70.8 74.4 56.9 74.1 90.2 78.3 50.0
串カツ田中 39.4 60.0 71.9 75.3 62.5 77.1 81.2 84.1 62.7

※月次報告書より筆者作成

チムニーはワタミや鳥貴族にない爆弾を抱えています。47億9,500万円ののれんです。

チムニーは食肉加工の米久<2290>の子会社でしたが、2010年に米投資ファンド「カーライル・グループ」が支援するMBOを実施しました。その際に多額ののれんを積んだのです。2011年12月末時点で総資産の26.4%となる83億7,400万円がのれんでした。現在も総資産の20%がのれんで、対純資産でみると45%と高い比率を占めています。店舗の収益性の悪化、それに伴うのれんの減損、貸借対照表に生じる著しい毀損。この流れを何としてでも止めなければなりません。最悪の場合、数十億円の巨額損失を計上することになってしまいます。

チムニーはここに弱点があります。退店を行った後は速やかに業態転換、出店を行って全体の収益性を回復させる必要があります。採算性が悪化した店舗をいつまでも残すわけにはいきません。自己資本で吸収できるうちに退店し、業態転換や出店によって業績回復を図らなければならないのです。

チムニーの純資産は2020年9月末時点で106億8,600万円。自己資本比率は42.3%です。自己資本の厚みがあり、幸いにも大量退店、そしてこれからの出店に耐えられる体力がまだあります。のれんの存在で一段と苦戦を強いられたチムニーが、コロナ禍でどのような反転攻勢に出るのか注目が集まっています。

文:麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

8月の希望退職者募集、河西工業・ワールド・チムニーなど6社で新型コロナが引き金に

8月の希望退職者募集、河西工業・ワールド・チムニーなど6社で新型コロナが引き金に

2020/09/01

新型コロナの影響下、希望(早期)退職者の募集が増え続けている。8月中に計画を発表した上場企業は武田薬品工業、ワールド、河西工業など8社に上り、月別では5月と並ぶ今年最多。1月からの累計では42社(延べ45社)と前年(36社)を大きく上回る。