串カツ田中の記事一覧

居酒屋「はなの舞」が「和民」「鳥貴族」に大負けしたのはなぜか

居酒屋「はなの舞」が「和民」「鳥貴族」に大負けしたのはなぜか

居酒屋「はなの舞」のチムニーが苦戦を強いられています。2021年3月期第2四半期の売上高は前期比71.3%減の61億2,500万円となりました。ワタミ、鳥貴族、串カツ田中の同期間売上は、前期比で30%台の減少に留まっています。その理由は?

記事を読む
M&Aは加速する?コロナウイルス終息後の居酒屋産業はこう変わる

M&Aは加速する?コロナウイルス終息後の居酒屋産業はこう変わる

新型コロナウイルスの終息が見え始め、一部繁華街にもにぎわいが少しずつ戻りました。緊急事態宣言を受けて大打撃を受けた居酒屋の営業時間が引き延ばされるなど、本格営業に向けた準備が進んでいます。しかし、売上がかつての水準まで戻る兆しはありません。

記事を読む
「串カツ田中」が鳥料理事業に参入 第2のブランドを持つ理由とは

「串カツ田中」が鳥料理事業に参入 第2のブランドを持つ理由とは

串カツ田中ホールディングスが鳥料理事業に参入する。これまでは串カツのみで事業展開してきたが、今後は串カツと鳥料理が経営の2本柱となる。 今後、多ブランド展開が加速しそうだ。

記事を読む
売上100億円達成 安売り攻勢続く串カツ田中の快進撃は続くか

売上100億円達成 安売り攻勢続く串カツ田中の快進撃は続くか

串カツ田中の2019年11月期売上高が100億円を達成しました。2016年マザーズ上場時の売上高は39億7200万円でした。3年で売上が2.5倍に伸びました。外食企業らしい急成長を遂げていますが、安売りによる集客は継続できるのでしょうか?

記事を読む
IPO戦線に「異変」? 上場前の資本金が小型化、5000万円以下が4社に1社に

IPO戦線に「異変」? 上場前の資本金が小型化、5000万円以下が4社に1社に

IPO(新規株式公開)戦線に「異変」が起きている。今年、東証に新規上場した企業のうち、上場前の資本金が5000万円以下のところが25%と4社に1社を占める。2018年19%、2017年15%と比べ、急上昇だ。何が起きているのか。

記事を読む
串カツ田中の全席禁煙化は売上にどう影響したのか?

串カツ田中の全席禁煙化は売上にどう影響したのか?

2018年6月にほぼすべての店舗を全席禁煙化した串カツ田中が、半年経過して売上を昨対比で2.4%伸ばしました。客数を5.8%伸ばしたことが要因。家族連れと若い男女がメインターゲットの男性会社員があけた穴を、見事に埋めた形となっています。

記事を読む