コロナ禍で不二家とモロゾフの業績が真っ二つに分かれた理由

alt
ロードサイド型の出店が奏功した不二家

1910年に横浜で誕生した不二家<2211>と、1931年に神戸で生まれたモロゾフ<2217>。どちらも港町で産声を上げた老舗の洋菓子ブランドです。その業績がコロナ禍で明暗を分けました。不二家は第3四半期の売上高が4.5%の減少に留まり、5億円の営業利益が出た一方、モロゾフの売上は16.1%減と二桁の減少となりました。7億7,700万円の営業赤字を計上しています。

この差はどこに起因するものなのでしょうか? この記事では、2社の業績を比較し、差が出た要因を炙り出すものです。以下の情報が得られます。

・不二家、モロゾフの業績
・2社の洋菓子事業の比較
・モロゾフがコロナ禍で不振に陥った理由

純損失額が不二家の4倍に

チョコレート
画像はイメージ(Photo by PAKUTASO)

まずは業績を見てみます。両社ともに純利益は出ませんでした。不二家が1億5,800万円、モロゾフが6億3,200万円の純損失を計上しています。不二家は店舗閉鎖や臨時休業などによる特別損失3億500万円を計上しており、その影響を大きく受けました。

モロゾフも同じく休業補償等による特別損失1億3,800万円を計上しているものの、特損額と比較して純損失額が不二家の4倍膨らんでいます。これは営業利益が出ていないためです。

■不二家第3四半期(1月-9月)業績(単位:百万円)

  前期 今期 増減
売上高 72,935 69,625 -4.5%
営業利益 161 503 212.4%
純利益 △109 △158 -

■モロゾフ第3四半期(2月-10月)業績(単位:百万円)

  前期 今期 増減
売上高 18,756 15,744 -16.1%
営業利益 40 △777 -
純利益 △26 △632 -

※各社決算短信より筆者作成

不二家とモロゾフの原価率は50%前半でほとんど差はありません。しかし原価コントロールについては、不二家の華麗な手さばきが冴えました。コロナ禍でも53.3%という小数点以下の数字も狂いなく抑えたのです。モロゾフは51.5%から、コロナ禍では2ポイント以上アップの53.6%となっています。

差が大きく開いたのは販管費。今期の不二家が46.0%、モロゾフは51.3%となりました。その差が5ポイント以上も開いたのです。

■不二家第3四半期原価・販管費(単位:百万円)

  前期 今期
売上高 72,935 69,625
原価 38,858 37,104
原価率 53.3% 53.3%
販管費 33,915 32,017
販管費率 46.5% 46.0%

■モロゾフ第3四半期原価・販管費(単位:百万円)

  前期 今期
売上高 18,756 15,744
原価 9,667 8,440
原価率 51.5% 53.6%
販管費 9,048 8,081
販管費率 48.2% 51.3%

コロナ禍で両社の差が出た要因は2つです。1つは不二家が売上の減少幅を僅少にとどめたこと。もう1つは徹底的に原価と販管費の抑制を行ったことです。

NEXT STORY

「洋菓子のヒロタ」が債務超過に転落、新型コロナが利益を直撃

「洋菓子のヒロタ」が債務超過に転落、新型コロナが利益を直撃

2020/07/17

「洋菓子のヒロタ」を運営する21LADYが2020年3月期に債務超過に陥りました。超過額は1億6700万円。新型コロナウイルスが売上を直撃し、営業損失1億6400万円を計上したことや、2億3600万円の固定資産の減損損失をしたことが大打撃となりました。