ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【国際石油開発帝石】石油価格下落、脱炭素化で「生き残る」方法

alt

関連年表

出 来 事
1941 半官半民の国策会社として帝国石油設立
1942 帝国石油が日本石油・日本鉱業・中野鉱業・旭石油の石油鉱業部門を統合
1943 帝国石油が太平洋石油・大日本石油鉱業を合併
1944 帝国石油が北樺太石油会社を合併
1949 帝国石油が八橋油田を発見
1950 帝国石油が民間会社として再発足
1960 帝国石油が南関東ガス田(成東ガス田)での水溶性ガス開発開始
1961 帝国石油が帝石トッピング・プラントを設立
1962 帝国石油が新潟~東京間に国内初の長距離高圧天然ガス輸送パイプライン(東京ライン)完成
1966 インドネシア国営石油ガス会社との北スマトラ沖鉱区に関する生産分与契約締結により、国際石油開発の前身である北スマトラ海洋石油資源開発設立
1967 北スマトラ海洋石油資源開発がインドネシア石油資源開発に社名変更
1970 インドネシア石油資源開発がインドネシア・マハカム沖で米ユノカル社(後にシェブロンが買収)と共同でアタカ油田を発見
1972 インドネシア石油資源開発が東カリマンタンにおいて仏トタルと共同でブカパイ油田を発見
1973 インドネシア石油資源開発が子会社のジャパン石油開発(JODCO)を設立。アラブ首長国連邦ADMA鉱区(石油生産プロジェクト)の権益取得
  帝国石油が磐城沖ガス田を発見
1975 インドネシア石油資源開発がインドネシア石油に社名変更
1979 帝国石油が国内最大級の南長岡ガス田を発見
1984 帝国石油の越路原プラントが完成し、南長岡ガス田での生産を開始
1994 帝国石油の親沢プラントが完成
1998 インドネシア石油がカザフスタン・北カスピ海沖合鉱区、オーストラリア・WA-285-P鉱区、インドネシア・マセラ鉱区での権益を取得
2000 インドネシア石油がカザフスタンのカシャガン油田、豪イクシスガス・コンデンセート田、インドネシアのアバディガス田を発見
2001 インドネシア石油が国際石油開発に社名変更
2003 国際石油開発子会社のジャパン石油開発が民事再生法申請
  帝国石油が 南富士パイプラインを設立
2004 国際石油開発がジャパン石油開発と経営統合
2005 国際石油開発がアゼルバイジャン・カスピ海ACG鉱区 アゼリ油田での生産を開始
  帝国石油がリビア・ガダメス鉱区の南北2カ所を落札
2006 国際石油開発と帝国石油が共同持ち株会社の国際石油開発帝石ホールディングスを設立
2007 帝国石油が磐城沖ガス田での採掘を終了
2008 国際石油開発帝石ホールディングス、国際石油開発、帝国石油が合併し、国際石油開発帝石が発足
2012 豪イクシスLNGプロジェクトの最終投資を決定
2013 直江津LNG基地が竣工
2014 アラブ首長国連邦上部ザクム油田の権益期限延長
2015 同ADCO鉱区(石油生産プロジェクト)権益取得
  サルーラ地熱IPPプロジェクトに参画

文:M&A Online編集部

この記事は企業の有価証券報告書などの公開資料、また各種報道などをもとにまとめています。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

東証1部の日本海洋掘削が会社更生法を申請 負債総額904億円

東証1部の日本海洋掘削が会社更生法を申請 負債総額904億円

2018/07/15

日本海洋掘削が会社更生法の適用を申請した。負債総額は約904億7300万円と負債額は今年に入って最大。東証1部上場企業が経営破たんするのは、タカタ以来約9ヶ月ぶりとなる。